HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死の記憶/トマス・H・クック
もう最近はすっかりクック三昧。記憶シリーズを読破すべく挑んだ本作は、原書では『夜の記憶』よりも前に書かれた作品で、記憶シリーズの第一作目である。まぁ何度も言うけど、邦題に「記憶」とついていてもそれぞれの作品には何の関係もないんだけどね。
 確かに前に読んだ『緋色の記憶』や『夜の記憶』よりは今ひとつな作品である。どうせだったら原書の発行順に読みたかったなぁ。この作品は他のに比べて話の練り込みが甘いし、主人公の苦悩に同調するような設定でもないのが残念だ。訳し方がイマイチだったのもイタかった。台詞回しがちょっとおかしくてしっくり来ないんだよな、インタビューで会話が進んでいくというシチュエーションのせいかもしれないけど。やっぱり物語を生き生きとさせるのは登場人物の会話が鍵だと私は思うのだ。会話が生きていないと、感情移入度もかなり下がってしまうのよね。
 スティーヴの回想という形で物語は進んでいくのだが、途中に何度も妻と子を失ってしまった、といった記述が入る。これまでの流れから、どんな陰惨な形で彼が独りぼっちになってしまうのかとても気になっていたのだが、結末はビックリする程あっさりしていた。事件の真相は想像通りだったけど、まさかあんな形で物語が終わってしまうとは…。しかもあれだけじゃあ家族殺人の動機としてはちょっと弱いよね。やっぱり物語全体に漂う淫靡な匂い、あれが動機にも絡んでくるんだろうと思うけれど、それはちょっと深読みかしらん?
 結婚して子供が出来て、妻と子供を守るのが当たり前だと思っている主人公。それを自らの手で壊してしまった彼の父の気持ちは如何なるものだったのか。近づけば近づく程、今の自分の生活が何の刺激もないものに思えてしまう。平和な日常生活に忍び込んでくる悲劇と破滅の匂い。そのきっかけは、大抵が小さな嘘だったりするのだ。嘘が誤解を生んで、二人の気持ちに徐々にヒビが入ってくる。気づいた時には、そのヒビはもう修復できないくらい大きな傷になっている。それが悲劇の始まり。誤解と勘違いって、似てるようで実は性質の違うものだったりするんだから。そして大抵の男性は、そういう事に鈍感で無頓着だったりするんである。そして女性よりも男性の方が未練がましいよな、とこの作品を読んで再確認。執念深いのも、案外男性の方かもね。
死の記憶 死の記憶
トマス・H. クック (1999/03)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。