HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自殺の丘/ジェイムス・エルロイ
ロイド・ホプキンズ刑事シリーズ三部作のラスト。前作のラストで虚偽の証言をしたため、ついに彼は警官としての最後通告を出される。そりゃそうだわ、あれだけ破天荒な捜査してれば目もつけられるわな。やる事やってるからいいじゃんか、では通用しないのが社会人である。ま、フィクションだからそれくらいのおてんばぶりで丁度いいのかもしれないけど。頭脳明晰なヤツほどやっかいだよね、良くも悪くも。
 このシリーズは回が進むにつれいろんな人の思惑がごちゃまぜになってきて、ロイドが何をしたいのかが段々わからなくなってくる。複雑になった分、最後の爽快感が損なわれているんだよね、最初の『血まみれの月』がものすごく叙情的で美しかっただけにちょっと残念だ。今回は特に何でロイドがあんな片づけ方をしたのかイマイチ分からなくて、何度も前の部分を読み返してしまったわ。犯人も終いにはコワレてっちゃって、最初の知能ぶりも台無しな設定。キーマンが限定されちゃってたから、犯人が割れるのも時間の問題だったし。前作ほど先読みする犯人でも興ざめだけど、シリーズラストだったらもうちょっと知的な犯人と対決して欲しかったな。
 一作目で明かされた15年前の殺人事件が、今回のラストに大きな影を落としている。シリーズが進むにつれ彼のトラウマってどうでも良くなってきているね。女好きっていうエピソードも、ラストでは全く登場しないし。そこら辺がシリーズとして物足りないところだ。作品ごとに主人公像が違うので、感情移入できないんだよなー。前も言ったけど、外見が好みじゃないのも原因の一つだと思うが。
 私はやっぱりどことなく切ない余韻を残すようなミステリが好きだ。考えてみればエルロイって、警察の不祥事を扱った作品が多い作家である。言うほど好きじゃなかったのかもしれないなあ。今回の作品では、もう一人の敵が抱える殺人事件の記憶がちょっぴり切ないエピソードになっている。ま、あれを切ないと思うかどうかは読み手のセンスだと思うけど…。そう言えばこの作品は、スティーヴン・ハンターのシリーズにちょっと似てる。ハンターの方がシリーズものとして完成されていたけれども。もうちょっと時間をおいてから読み返すと、また印象が違うかもしれない。一応、我が家の書庫にストックしておくことにしよう。読む時はシリーズの最初から、ね。
自殺の丘 自殺の丘
ジェイムズ・エルロイ、ジェイムズ エルロイ 他 (1990/12)
扶桑社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。