HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死体は語る/上野正彦
犯人が見つからない殺人事件などが起こると、テレビのゲストコメンテーターとして呼ばれる事も多い上野正彦。本書の存在はずっと知ってはいたのだが、やっと文庫化されたので読んでみた。しかしこの本が最初に発表されてから既に12年が経過している。その間に科学捜査の技術は格段に上がっているんだろうなぁ、監察医を取り上げたドラマや小説も数多く発表されているし。と言うわけで鑑定方法の古さなどは否めないが、本書はパトリシア・コーンウェルの『検屍官』シリーズのように最先端の科学技術をひけらかす本ではない。そこが、この本がベストセラーになった由縁なのであろう。
 例えば偽装殺人。死体の首に残った痕から、かけた紐の角度や力がわかる。生前に受けた傷なのか死後に受けた傷なのか、死体に残された痕を見ればわかる。水の中から見つかった死体の場合も、溺死したのか殺害された後に水に放り込まれたのかわかる。しかし本書では“なぜそんな事をしなければならなかったのか”というところにスポットを当てている所がフィクションとは違うのだ。著者の優しさとでも言うべきか。著者が経験した事件から、小説にありがちな理由なき殺人とは違うリアリティと、人間の情の深さや悲しさが浮き彫りになってくる。
 事件の現場には様々な人間模様があるものだ。特に保険金が絡んだ時には、その浅ましさに悲しい気持ちになる程の問題がある。この本では、人の死にまつわる様々な“その後”を紹介している。それは殺人事件の解決であったり、残された遺族の闘いであったり、逮捕後の犯人の人生であったり。安楽死など、止むに止まれず肉親を手にかけてしまう場合もある。生と死とは、常に背中合わせなのだなぁと思わずにはおれない。そして生命に値段をつける事はできるのだろうか、なんて事も。保険金しかり賠償金しかり、人が死ぬ事によってお金がもらえるっていうのには何となく違和感を感じるなぁ。それ以外に遺された者の怒りや悲しみを納めるものがないのかもしれないけど。
 この本の中で著者は何度も「死後も医者を選べ」「監察医制度を全国に広めなければ意味がない」と言っている。それは全て、死者への思いやりから著者が感じた事である。人間は死んだ後もその人権を護ってやらなければならないという、著者の強い信念をひしひしと感じる。どうして彼は死んでしまったのか、それを解明してやる事が死者への餞だと言うかのように。そこが推理小説などと圧倒的に違う部分だ。探偵主体で展開される物語ではなく、この本の主役は死体なのである。かなりリアルな死体描写があるのでダメな人もいるかもしれない。しかし「事実は小説より奇なり」という言葉を地でいく人間模様は、悲しいだけではなく狂おしいほどの愛情を感じるエピソードであったりするものだ。
死体は語る 死体は語る
上野 正彦 (2001/10)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。