HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今昔続百鬼-雲/京極夏彦
久々の京極作品。しかも妖怪シリーズの番外編。私の大好きなエノさんは登場しないけど、「黒衣の男」は最後に出演するぞ。でも本編(妖怪シリーズ)に絡んだ話はほとんどないので期待してはいけない。それでも本編とは違った魅力で楽しめる事は間違いないだろう。
 何しろセンセイのオタクぶりがおかしくて。電車の中で笑いをこらえるのに必死だった。特に相手の名前がわからない時に「ぬ」と言ってしまうというエピソードが最高!日本人作家が作中で描く笑いはあざとくて性に合わないと思っていたのだが、これは笑った。映像が目に浮かぶような描写、絶妙な笑いの間。 豊富な知識と人物描写に優れた京極作品だからこそ、その笑いのセンスが生きてくるのだろう。ホントに見習って欲しいよ、“不思議の国のA.A”センセイ!笑いってのは知的レベルの高い芸術なんだからねー。
 この中には4本の短編が収録されているが、多々良センセイが登場する限り、それらは全て妖怪に結びつくのである。そのあたりは、語り部が違うだけで妖怪シリーズと一緒だ。戦後すぐという時代背景もあるが、日本にはまだまだこんな田舎があるのだなぁと思うような地域色豊かなエピソードも満載。そこがまた笑いのポイントだったりするんだけども。
 しかしこの本の挿絵はいただけない。絶対にいただけないぞ!これまでの挿絵は文庫版には収録されないのでわざわざノベルスをとってあるくらい好きだったのに、今回のテイストは一体…。あれが京極先生のチョイスだったとしたら、かなり幻滅だぞ。第一、多々良センセイの絵なんか作中の描写と全然違うじゃん!イラストの多々良センセイを見た時、あまりに私の想像と違ったので読解力がなくなったのかとドキドキしちゃったよ。まぁこの作品はめちゃくちゃ面白くて毎日楽しみに読ませてもらったので大満足なんですけど。やっぱ本編の新作が読みたいな~。私のエノさんが活躍する物語も、楽しみにしてますわ京極先生♪
今昔続百鬼―雲 今昔続百鬼―雲
京極 夏彦 (2001/11)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:京極夏彦 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。