HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鏡の中の日曜日/殊能将之
前作『黒い仏』でちょっとガッカリしちゃった殊能センセの最新作。今回も石動が名探偵ぶりを発揮してくれる。すっかり殊能作品のメインキャラとして定着したなぁ、石動。しかし何度読んでも彼の風貌が想像できない。どうしても太った人を想像してしまうのは、一体何故…?
 今回の 事件は私の大好きな「歪な館」が舞台。参考・引用文献の一覧にズラリと綾辻作品が並んでいたので思わずニッコリしちゃったわ。 しかも巻頭に館の図面と外観の絵が掲載されていて、とてもわかりやすかった。歪な館って、想像力が命だからねぇ。私のように記憶力のない女にはありがたいサービスである。
 相変わらず読みやすい文体で、セリフも自然で好みだ。今回もウンチクネタ満載で、殊能センセの知識の深さには毎度感心する。その辺はちょっと京極っぽい。そして途中に詩的なフレーズが挿入されたりするところは、森博嗣っぽい。館殺人事件と言えば、綾辻だ。そりゃ私が好きな訳だよ、京極も森も綾辻も、全作品読破した愛読者だからねぇ。
 そして今回も、ラストで思わぬどんでん返しが待っている。これはデビュー作『ハサミ男』に通じるギミックで、私はこういう仕掛けがとても好きだ。最初っから怪しいぞっていう感覚がビリビリきてて、最後に来る「やっぱり~!」みたいな爽快感がたまらないのだ。しかも今回は二段構えのギミック。最初の仕掛けはすぐ分かったんだけど、もう一つのは分からなかったなぁ…。読了した後すぐに頭から読み返したのは言うまでもない。しかし今回のはちょっと出来すぎな感も。まぁ、ありきたりなシチュエーションと会話って言われればそれまでかも知れないけどね。でも前作の汚名をすすぐ、ナイスな作品だった。287ページなので、二日もあれば読める分量もブレイクにはぴったり。 名探偵殺害という衝撃的な煽りに負けない、爽快感のある一冊である。やっぱりスキ~殊能センセ。 次作も楽しみにしてますわん。
鏡の中は日曜日 鏡の中は日曜日
殊能 将之 (2001/12)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。