HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球儀のスライス/森博嗣
解説者があとがきでお薦めしたのは『小鳥の恩返し』『石塔の屋根飾り』『僕は秋子に借りがある』だった。私のお薦めは『小鳥の恩返し』『片方のピアス』、強いてもう一つ挙げるなら『河童』かな。二人のお薦めである『小鳥の恩返し』は、ちょっとしたフェイクに驚かされてちょっとしたギミックに騙されて、最後は真実を知って切なくなって。いろんなお楽しみがぎゅっと詰まったお話だ。こういう短編を書けたら、小説家は楽しくてしょうがないだろうと思う。
 次のお薦め『片方のピアス』は、双子のお話。私は双子が大好きなので、興味津々で読んだ。私が中学生の時好きだったのはテニス部の先輩、双子の弟の方だったなぁ…なんて思い出したりして。双子ネタなら誰もが考えつくようなトリックなんだけども、私の“双子好き”が貢献したって感じかな。
 『素敵な日記』は、アイディア勝負の作品。『僕に似た人』はちょっとファンタジー入ってて分かりづらかったので読み飛ばしてしまった。犀川と萌絵が登場する『石塔の屋根飾り』と『マン島の蒸気機関車』は私的にはイマイチだったが、本編で脇役だったアノ人が大活躍する様は小気味よかったかな。 『有限要素魔法』も不思議系のお話だけど、私は結構好き。死というものは結構すぐそばにあるものだよ、なんて事を考えたりした。『河童』は幼い頃の田舎の想い出をツラいと思っている人には向かないだろう。古傷を抉られるような切なさが漂う。『気さくなお人形、19歳』はVシリーズの小鳥遊君が登場するが、私はこのシリーズは嫌いなので。オチも想像通りでひねりがない。ダメである。『僕は秋子に借りがある』も、テレビのショートドラマくらいだったらいいかもしれないが、小説で読むとネタばればれである。女の子のキャラクタも好みじゃない。オチに気づいてないのは主人公だけ?って感じだな。
 そんな感じの短編集。これまでの短編集(『まどろみ消去』『今夜はパラシュート博物館へ』)に比べると、イマイチな仕上がりだ。犀川シリーズを全て読まないと気が済まない!という人にだけお勧めする。でもこのシリーズもいい加減ネタ切れなのかもしれないなぁ…。次回以降の刊行予定は全てVシリーズなので、しばらくは森作品ともお別れかもね。
地球儀のスライス 地球儀のスライス
森 博嗣 (2002/03)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。