HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
樒・榁/殊能将之
講談社ノベルス創刊20周年の「密室本」シリーズの一冊。メフィスト賞受賞作家が密室をテーマにした書き下ろし作品を刊行してゆくというシリーズである。121ページというライトなミステリだ。しかし…薄いだけに内容も薄かったかな?
 物語は過去の事件を追った「樒」と現代の「榁」の二本立てである。「樒」は著者の前作『鏡の中は日曜日』に登場した鮎井の追悼作品として発表されている。この辺の仕組みを語るとネタバレになってしまうのだが、この本を読む前に是非前作を読んでおく事をお薦めする。別に読んでなくても楽しめる作品だが、前作から続いている仕掛けのタネ明かしがあっさりしてるので分かりづらいかもしれない。
 しかし前作ほどのインパクトはなかったな。「榁」のオチのために「樒」があるのだが、密室ネタとしてはちょっと掟破りっぽい。どちらかと言うと「榁」はライトコメディって感じの造りなのだな。ちょっといろんな意味で強引な展開だし。石動の過去についてもいかにも“あとづけ”だもんねぇ。
 これを読んだら『鏡の中は…』を読みたくなる事必至。もちろん私も読みました。それで改めて前作の面白さを味わって、殊能センセの才能を再確認するのだ。この作品で彼を評価してはいけない~!しかし「樒」には水城が扱った「空穂邸事件」の関係者がチラッと登場している。水城が扱った事件については『鏡の中は…』で題名だけ紹介されているので、いづれ全ての事件簿が刊行される事だろう。それを楽しみに待ちましょう。何度も言うけど、この作品で殊能センセを評価してはいけないからだ。
樒・榁 樒・榁
殊能 将之 (2002/06)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。