HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暗黒の塔2-ザ・スリー/スティーヴン・キング
すっかり気に入ってしまったキングの「暗黒の塔シリーズ」。しかし今回はかなりファンタジー入った設定。かなりデタラメ。それじゃあまるで「どこでもドア」じゃん!と何度つっこみたくなった事か。まぁ長い物語の中、こんな設定の時もあるよ。と、ファンタジー嫌いな私にしては寛大な気持ちになれたのは、もちろんこれがキング作品だからである。
 物語はいきなりガンスリンガーが右手の人差し指と中指をウミザリガニの化け物に食われてしまうシーンから始まる。無敵であるはずの主人公がいきなりハンディキャップを追ってどーする!というスタートだが、これが現実世界と行き来する時のちょっとしたフックになるのだ。しかしこのウミザリガニの化け物が不思議と可愛くて。ちょっとした知能を持つらしく、「ダダ・チャム?」などとしゃべりながら近づいてくるのだ。この訳わからない言葉が、不気味でありながらどこか愛嬌があってカワイイ。どことなく『デスペレーション』の登場人物がしゃべる「タック!」という言葉に通じる響きで気になるし。もしかしたら『デスペレーション』もこのシリーズに関係ある作品なのでは?なんて想像が膨らむね。
 今回は、瀕死の重傷を負ったガンスリンガーが不思議な扉をくぐりながら仲間を集めてゆく物語。集められた仲間には、一体どのような共通点があるのだろうか。それは今作では明らかにされていない。ただ黒衣の男の占い通りの人物たちが集合してゆくのだ。その仲間狩りの方法がかなり強引なのだが、まぁそれは置いといて。相変わらずキッチリ描き込まれたキャラクター設定で、現実世界で起こる現代の銃撃戦のシーンも臨場感に溢れている。そういう筆致の作品だからこそ、デタラメな設定も許せる気になれたのかも。
 前作の解説同様、今作の巻末もかなり出来がイイ。解説を読んでるとキングの『不眠症』が読みたくなるのだが、この作品はまだ文庫化されていないのだ。『暗黒の塔』と深い繋がりを持つ『不眠症』は、タイトルもかなりイイ感じだし。今までのキング作品とは明らかに趣が違う「暗黒の塔」シリーズ。それでも“騙されたと思って”食べたら案外おいしかった時と同じような感覚で惹きつけられてしまうのだ。次作は今回ガンスリンガーが取った行動で起こったタイム・パラドックスの渦に巻き込まれてゆく話。何となく恋の三角関係の予感も…?それは読んでからのお楽しみという事で!
ザ・スリー―暗黒の塔〈2〉 ザ・スリー―暗黒の塔〈2〉
スティーヴン キング (1999/05)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。