HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●悪魔の寵児 ●鬼火/横溝正史
横溝三昧も、今回が最終回。ホントはまだ沢山持ってるハズなんだけど、引越を繰り返しているうちに見つからなかった本もあるのよね。本が見つかったらまた読み始めよう。金田一シリーズの最後は『悪魔の寵児』。戦後の闇取引で財をなした実業家の周りに次々と起こる殺人事件、しかも被害者は全て実業家の愛人だった。しかも物語の序盤で男と心中した女は実業家の妻、しかし数日後には妻の死体が忽然と消えてしまう。妻の昔の夫、実業家の昔の妻、新しい愛人の夫、昔の妻が経営する悪趣味な蝋人形館、怪しげな風体の人形師…。横溝ワールドを構成するファクターは完璧だ。あまり評価されていない作品のような気がするが、私は結構面白かったぞ。『幽霊男』に似たギミックだったりもするけれど。
 『鬼火』は金田一とは全く関係のない短編集。表題の『鬼火』は湖畔に建つ荒廃したアトリエで起こった、従兄弟同士の壮絶な物語。『蔵の中』は、あとがきなどにも引用される事も多い作品。物語の中に物語が入りこむ、現実と創作の境目が曖昧になってゆく狂気の物語だ。『かいやぐら物語』は少し精神を病んだ青年が、月光の下で謎の美女から聞く物語をファンタジックに描いた作品。月と狂気を絡ませた、夢幻的な美しい作品である。
 『貝殻館綺譚』は偶然殺人の現場を目撃してしまった女性が徐々に狂気に捕らわれてゆく話。死者の復活、私の大嫌いな土曜ワイド劇場なみの設定などのデタラメさがちょっとイヤな感じだったかな。『蝋人』は芸妓と美少年騎手の恋愛と、芸妓のパトロンが繰り広げる愛憎劇。様々な障害を乗り越えて愛を成就しようとする、若い二人の行く末が痛々しい物語だ。『面影双紙』もあとがきに引用される事が多い作品。土蔵の一室で友人が語った、家族にまつわる恐ろしい物語。物語の舞台とラストで使われる小物と題名が見事にマッチした傑作である。関西弁と標準語のちゃんぽんで語られる口調が心地よい。
 横溝作品の魅力の一つに、“セリフ回しの美しさ”があると思う。昔のやんわりとした言葉がどことなくエロティックで不気味で、物語を引き立てるのだ。事件解決にあまり関係のないシーンでも、登場人物たちは生き生きとしゃべる。それが嫌味ではなくしつこくなく、丁度良いバランスで読者を引き込んでゆくのだ。後年の作品『白と黒』は団地が舞台となるなど、時代と共に設定が変わっていった横溝作品だが、やはり斜陽族という言葉が使われていたような時代の物語が彼の真骨頂ではないかと思う。誰にもマネできない独自の世界。人間の奥に潜む残忍さや逃れられない宿命に突き動かされる本能、そして愛すべきキャラクターである金田一耕助。それらを創造した横溝正史は、やはり天才である。本人はトリックにかなり悩んだらしいが、小説家たるもの、物語の構成と文体が一番問題な訳で。「これが、生きている彼女を見た最後になった」なんて文章で読者を引き込んでゆく、一種のネタばらしも全く嫌味じゃない。今となっては使い古された表現かもしれないが、彼の物語の中ではそれが素晴らしく効果的なのだ。そんな手段を小賢くなく使えるあたりも、彼の才能であり魅力なのだろう。すっかり横溝作品にハマった数ヶ月。一生の思い出になる期間だったかもしれない。残りの本も、必ず全て読みますよ!
悪魔の寵児 悪魔の寵児
横溝 正史 (1974/03)
角川書店
この商品の詳細を見る

蔵の中,鬼火 蔵の中,鬼火
横溝 正史 (1975/08)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。