HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
図書館警察/スティーヴン・キング
気になっていた『図書館警察』の原題は『The Library Policeman』だった。これはね~、原題通りに『図書館警官』の方が内容にピッタリだったかも、ちょっと語感が悪くてイヤだけれども。この図書館警官が、サムの過去に大きく関わっているのだ。この辺が、いかにもキングっぽい設定。私の大好きなトマス・H・クックの『夜の記憶』にも似ていて、ちょっと心が痛む物語だ。
 ただし、これはミステリではなくてホラー小説なので。ラストはものすごい闘いになってくるのである。登場人物が抱えるトラウマがラストバトルに繋がってゆく設定は、キングの大長編『IT』に似ているかも。そしてここにも思わず涙が出ちゃうような物語がひっそりと隠されていて。不治の病に冒された子供に、メジャーリーガーのイラストと本物のサインをもらってくる話には感動で胸がきゅんとしたよ。そこがキングなんだなぁ、『図書館警察』はかなり気に入りましたわ。
 もう一つの中編『サン・ドッグ』は、『ニードフル・シングス』の前座的な物語。『ニードフル…』でゴーントが店を開いた場所の元の主であるポップ・メリルが登場して、何故ポップの店がなくなってしまったのか、が分かる物語となっている。また『ニードフル…』の副主人公であるエース・メリルは、ポップの甥という設定。これを読んだら『ニードフル…』が読みたくなる事必至である。
 この本の大きな特徴は、巻末に訳者と装丁者による解説座談会が収録されている事。これはキングファンなら必読の企画だ。『ランゴリアーズ』でも書いたが、この本と『ランゴリアーズ』を合わせると『Four Past Midnight』一冊分になる。両方の本を題材にしているので、座談会は先に『ランゴリアーズ』を読んだ方が楽しめるだろう。どちらも超自然現象を扱った、いかにもキングらしい作品。キングファンなら絶対損はしない、いやむしろお気に入りの一冊になる事間違いなしの作品だ。この後もちろん『ニードフル・シングス』を再読しますよ!
図書館警察―Four Past Midnight〈2〉 図書館警察―Four Past Midnight〈2〉
スティーヴン キング (1999/08)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。