HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン
2005年の大ベストセラーで5月に映画公開を控える大作であるが、ハッキリ言ってキリスト教の知識がないとかなりツラい作品ではないかと思う。私は小学生の頃から地元の教会に通い、高校から短大まで5年間ミッション系の学校でキリスト教を学んだ経験があるので理解度は深かったと思うが、それでもちょっとついて行けない部分もあったもんね。マグダラのマリアの存在、イエス・キリストの設定や教会の仕組み、十字軍遠征の意味などが分からないと、「なんでそんな一生懸命になってんの??」ってな感じで、主人公達の奮闘がピンと来ないんじゃないかなぁ。
 要するに、キリストの聖杯を巡る謎解きなんだけど。一般的に聖杯と言えば「最後の晩餐の時にキリストが飲んだワイングラス」の事だと思っていたが、本書で定義する聖杯は全然違う。何故それを聖杯と呼んで皆が追い求めているか、というのが本書のポイント。しかしそれを理解するにはキリスト教の歴史についての知識が必要だ。まぁそれも素人であるソフィに説明する、という形でさりげなく読者にも教えてくれるんだけど、ヨーロッパの歴史やキリスト教に興味ない人にはキツいだろうなぁ。殺人事件と暗号解読をうまく絡めたサスペンスとして、とても面白かったと私は思うけど。
 ただミステリとしての出来はどうかと言うと、黒幕の正体は割と容易に想像できるし結末も想像通りだ。それでも次から次へと投げかけられる暗号を解読するのが楽しくて、先が知りたくなってしまう。ただアナグラムなどの文字入れ替えタイプの暗号が多いので、英文の並び替えが難しくて自ら解く気にはなれず…。何となく事件が進んでいくのを他人事のように感じてしまったのは、そこら辺のとっつきにくさもあったのかも。後は中盤に入ってからの展開がちょっとダルかったのも原因の一つかな。
 ダ・ヴィンチの名画をモチーフにした謎解きならイメージしやすいので分かりやすいが、教会の建物自体を扱った謎解きは想像が出来なくて難しかった。“祭壇がない教会”とか言われても…見たことないから想像出来ません★そんな私たちの足りない知識を補うように、文庫本には文中に出てくる建物や名画の写真が掲載されている。それでもこれはやっぱり映画で見た方が分かりやすいかも…。
 唯一想定外だったのは、オプス・デイのメンバー達の末路。彼らは異常な宗教団体だと思っていたけど、実はそんなに悪いヤツじゃなかったのが救いだ。しかし何と言っても衝撃的だったのは、私がずっと読んできた聖書が異教の皇帝によって編纂された物語だったって事かな。だからと言って私は「へ~そういう考え方もあるかも」位にしか思わなかったけど、キリスト教の熱心な信者にとってはショックだろうなぁ…。物語に登場する団体はどれも実在するらしく、角川書店のHPに詳しく紹介されている。映画のHPにはアナグラムのゲームなども用意されていて面白い。ただネタバレになる情報もあるので、読了後に見る事をお薦めします。
ダ・ヴィンチ・コード(上) ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダン・ブラウン (2006/03/10)
角川書店
この商品の詳細を見る

ダ・ヴィンチ・コード(中) ダ・ヴィンチ・コード(中)
ダン・ブラウン (2006/03/10)
角川書店
この商品の詳細を見る

ダ・ヴィンチ・コード(下) ダ・ヴィンチ・コード(下)
ダン・ブラウン (2006/03/10)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。