HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
塗仏の宴/京極夏彦
一冊が新書で600Pを超えるボリューム。2冊読まなきゃ物語は解決しないけど、当時下巻にあたる「宴の始末」が発売されたのは「宴の支度」の半年後だった。そりゃあ完璧に内容を理解するのは難しかった事だろう。初めて読んだ時に作成した「人物相関図」が今回も役に立ったなぁ。何しろ登場人物が多くて、仕掛けが複雑で、難解な物語だ。今年の直木賞候補に京極夏彦の名前が上がっていたが、審査員が彼の作品を「最後まで読めなかった」と言っていたのが可笑しかった。いや~ホント、ここまで来ると“彼に対する愛”がなければ読了できないでしょうな。
 「徐福」をキーワードにして、いろいろな人物を巻き込んだ物語がバラバラな場所で進んでいく。占い師、霊感少年、気功道場、漢方薬局、風水経営指南、自己啓発講習、私設研究団体、新興宗教。それらの物語は最後の舞台となる韮山に集結し、終結するのだ。物語の仕掛けは複雑で面白い。でもそれをいろんな意味で理解するのは難しいのではないかと思った。悪意に満ちた所業、後味の悪い結末。催眠、記憶の操作がごく普通に行われる世界で、何が真実なのか読み手にも分からなくなってくる。読んでいる間中、どこか不安な気持ちがつきまとうような本なのだ。まさに“愛がなければ読めない”一冊だろう。
これまで以上に今までの事件の関係者が深く関わってくる物語なので、シリーズを読んでいない人お断りな一冊。しかしイマイチ理解できない部分が多いストーリー性と、大好きなエノさんがほとんど活躍しない設定である事から、私の評価は低い。多分シリーズ中一番低い。この物語は、今後のシリーズをふくらませてゆくために必要なスタート地点のような作品なのだろう。やっぱり犯罪モノには、探偵と対峙する永遠のライバルがいないといけないのが定石だからねぇ。
 「宴の支度」で語られる京極堂のウンチクが、全ての物語に関わってくる壮大なストーリー。しかも今回は『今昔続百鬼 雲』の主人公である多々良やシリーズ初登場の光保も妖怪マニアとして熱弁を振るってくれる。マニア勢ぞろいで、ますます妖怪オタク度に拍車がかかった一冊。物語にとって無駄な会話はないのだろうが、「無駄かも…」と思ってしまう程長くて白熱した妖怪談義に、どこまでついていけるかがポイントとなるだろう。
塗仏の宴 宴の支度 塗仏の宴 宴の支度
京極 夏彦 (1998/03)
講談社
この商品の詳細を見る

塗仏の宴 宴の始末 塗仏の宴 宴の始末
京極 夏彦 (1998/09)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:京極夏彦 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。