HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バスカヴィル家の犬/コナン・ドイル
ホームズ作品中最大にして最高傑作と言われる長編。今でも世界探偵小説のベスト10に入ると言われている傑作だけに、マジで面白かった。ホームズファンでなくても、充分に楽しめる作品である。犬種についての知識が多少あった方が、理解は早いかもしれないけれども。
目がらんらんと光り、全身を青い炎で包み、口から赤い炎を吐く猛犬。その正体は一体?先代当主の死の真相は?ホームズの元を訪れたヘンリー卿を尾行する人物は誰なのか?バスカヴィル家の裏手にある沼沢地をうろつく人物とは?バスカヴィル家の執事の不思議な行動の真意とは?先代当主が死亡した当日に密会の約束をしていた婦人とは一体どんな人物なのか?次から次へと提示される謎にもうムチュウ♪後半では思わず息をのむような事件も起こったりして、もう一時たらずとも目が離せない~!いや、ホントにこれは古典の枠を超えた傑作でしょう!
 上記の通り、次から次へと謎が出てくるがそれぞれは微妙なラインで事件に繋がっている。そのバランスが素晴らしい。齟齬もなく、矛盾もなく、嫌みもなく、全てが美しくまとまった物語だ。中盤はあまりホームズが登場しないのでファンとしては物足りないが、小説としてはそれで正解なのだ。ドイルのそういう所がまた好きなんだな~。自分の作った主人公の魅力に溺れないストーリーテラーとしての自信、みたいなものを感じる。最近の京極夏彦作品は主人公が勝手に動いちゃってる感があるからねぇ、初心忘れるべからずっていうのは大事だけれども実行するのはなかなか難しいものなのだろうなぁ。
 子供の頃この本を読んで私はとある物質の名前を初めて知って、その物質の特性というものもこの本から学んだ。今から思うとちょっぴり子供騙しな仕掛けかもしれないが、当時の私はあまりに斬新なアイディアに驚愕したものだ。何度も言うが、やっぱりホームズシリーズは子供の頃読んだ方が楽しい作品なのかもしれないなぁ。初めてホームズ作品を読む人には、是非とも本書をお薦めしたい。ホームズの魅力を堪能したい人にはちょっと物足りないと思うけどね。
バスカヴィル家の犬 バスカヴィル家の犬
延原 謙、コナン・ドイル 他 (1954/05)
新潮社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。