HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャーロック・ホームズの事件簿
作者が最後に書いた短編集。新潮文庫ではそれぞれの短編集から割愛された作品ばかりを集めた「叡智」が残っているが、本土で発売されたのはこれが最後だ。私のホームズ読破の旅も、いよいよ終盤である。
 『高名な依頼人』は女たらしの悪人に惚れこんでしまった令嬢の目を覚まさせるためにホームズが策を講じる物語。『白面の兵士』は連絡がつかなくなってしまった戦友を捜して欲しいと依頼される物語。子供の頃読んで私は、物語のオチとなる病名を初めて知ったのだった。『マザリンの宝石』は自宅に訪れた犯人から見事に盗まれた宝石を奪い取る物語。「空家の冒険」と同じトリックが使われているのだが、今回は物語に捻りが効いてて面白い。『三破風館』は自宅を家具ごと全て買い取りたいという不思議な依頼に疑問を持った婦人が、ホームズに謎の解明を頼む物語。
 『サセックスの吸血鬼』は子供の血を吸う妻の真実を暴く物語。『三人ガリデブ』はガリデブという変わった名字を持つ男の元に舞い込んだ遺産相続話。「赤毛同盟」や「株式仲買店員」と同じトリックを使いながらも、新たな設定で読ませてくれる。『ソア橋』は橋の上に残った跡から、ホームズが新たなトリックを解明する物語。『這う男』は夜な夜な奇妙な行動をとる男の謎を解明する物語。『ライオンのたてがみ』は隠居生活の地で起こった奇妙な殺人事件を解決する物語。『覆面の下宿人』は自宅に引きこもって生活している女性が抱える心の悩みをホームズが癒してあげる物語。ホームズが探偵というよりセラピストになってて面白い。全体的にやり過ぎな設定が多くて傑作は少ないような気がしたが、ドイルの新たな挑戦があちこちに見られるのが素晴らしい短編集だ。
 これまでの作品はほとんどがワトスンの記述による語り口になっていたが、『白面の兵士』と『ライオンのたてがみ』はホームズ自身が語る形になっている。また『マザリンの宝石』は三人称で書かれているのだ。人気に溺れず、晩年も読者に新しいサービスを提供しようとするドイルの心意気は大したものである。また時代の変化に合わせて通信手段が変わっている点にも注目だ。これまでは電報しか使っていなかったホームズが『三人ガリデブ』では電話を使っているのだ!「最後の挨拶」では車にも乗ってるしね。ホームズは時代とともに生きていたキャラクターなんだなぁと思うと、より親近感がわくというものだ。しかしこの頃の作品は会話の口調がちょっとヘンで笑える。『マザリンの宝石』で犯人と対峙するシーンでは、痛いところをつかれた犯人が「ふんだ」と言う。「ふんだ」って、子供の会話じゃないんだから…。原書では何と書いてあったのか気になるところだ。これまでもよくあったのだが、『三人ガリデブ』ではアメリカ英語とイギリス英語の違いを指摘するシーンがある。面白いのは、アメリカ英語を使う人のことを「アメリカなまりがある」と書いている事だ。やはりイギリスから見ればアメリカは“なまり”なのかねぇ?アメリカ英語がスタンダードになってしまった現代をドイルが見たら、さぞ嘆かわしいと思うのかもしれないね。
シャーロック・ホームズの事件簿 シャーロック・ホームズの事件簿
延原 謙、コナン・ドイル 他 (1953/10)
新潮社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。