HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャーロック・ホームズの叡智/コナン・ドイル
私のオトナ買いによるホームズ物語の旅も、いよいよ最後。これまでに発売された 『冒険』、『思い出』、『帰還』、『事件簿』から割愛された作品を収めた最後の短編集である。いやぁ、楽しい一か月だったなぁ。やはり作品は発表順に読むに限る。しかし作品は事件発生と同時に発表された訳ではないので、全ての作品を読破した今となっては事件の年表を作りたい気持ちでいっぱい。確か日本のシャーロキアンの方のホームページに年表が載ってたような気がしたけど、自分でも作ってみようかな~。そうすればホームズ・ワールドの理解がより一層深まる事間違いなしだろう。
 『技師の親指』は有名な作品だ。怪し気な屋敷での作業後、指を切られながらも命からがら逃げ出してきた水力技師が語る恐怖の一夜とは。そしてその屋敷では一体何が行われていたのか?という物語。結構無謀な設定ではあるが、かなりの恐怖感を味わう事ができるだろう。『緑柱石の王冠』は国家の宝を預かった銀行員がうかつにもその宝の一部を盗まれてしまう物語。どーしてこの時代の人たちは重要なものを軽く人に預けるかなぁ…。おかげでこのテの事件でホームズは大活躍ではないか。『ライゲートの大地主』は田舎で療養中のホームズが迫真の演技で窃盗事件の真犯人を見つけだす事件。『ノーウッドの建築士』は知り合いの息子に遺産を譲るという遺書を書いたその日に失踪した老人の意外なトリックを暴く物語。この物語で指紋の重要性が語られているが、それは当時の最先端の捜査方法だったらしい…。微笑ましい話である。
 『三人の学生』は奨学金テストのカンニングをした犯人をホームズが探すという意外な物語。こんな事件まで天下のホームズが扱うなんて!興味ある事件ならば事件の規模を選ばない、ホームズならではの物語と言えるだろう。『スリー・クォーターの失踪』も同じく学校で起こった事件。試合直前に姿を消してしまった花形選手の行方をホームズが探し出す。そこに隠された悲しい物語が、いかにもホームズらしくて良い。『ショスコム荘』は無気味な設定が印象に残る物語。寂れた納骨堂に並べられた古い棺なんて、イギリスならではの設定かもね。『隠居絵具屋』は残酷な結末が待ち受ける、ホームズ物語にしては珍しい設定の物語。事件が片付いた後に悲報がもたらされるという設定の物語はいくつかあるが、このようなトリックと犯人像は珍しい。なかなか新鮮で面白かった。
 訳者は解説の中で度々「アメリカ英語の味を活かして訳す事ができなかった」と書いている。そう言われると原書を読んでみたくなるよね。19世紀の英語って今とずいぶん違うんだろうか?しかしこのホームズシリーズでは本文中によく(訳注)が出てくる。訳者である延原 謙は当時のイギリスを語るには必要だと判断されたのだろう、実に親切で分かりやすい訳文だった。最近の翻訳物では訳注ってあんまり見ないもんなぁ。ちょっぴり新鮮である。この短編集では私の好きな“キラリと光るホームズの嫌味” があまり出てこないのが残念だが、毛色の変わった作品ばかりが集められている印象がある。でも出来れば本国と同じ作品を収録した短編集を出して欲しかったなぁ…。シャーロキアンと話をする時困るじゃない!?そんな機会あるのか?って感じだけど!
シャーロック・ホームズの叡智 シャーロック・ホームズの叡智
延原 謙、コナン・ドイル 他 (1955/09)
新潮社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。