HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青い虚空/ジェフリー・ディーヴァー
何故だか全然チェックしてなかったディーヴァーの文庫。『ボーン・コレクター』の作品紹介で既に発売されている事を知り、ちょっと悩んだのだがとりあえず読んでみる事に。何故悩んだかと言うと、ノーチェックだったって事は無名だって事で、つまりは駄作かもしれないという危惧があったから。ディーヴァーには『監禁』を読んでからというもの“無名な作品はヤバイの法則”っていうのを適用しているのでね。
 この作品が発表されたのは2001年だが、今だからこそ解るレベルの専門用語がビッシリ!いやもちろん明らかに解らない言葉もたくさん出てくるが、さりげなーく本文中で説明されてるし巻頭に用語解説もあるので安心だ。そうは言っても、インターネットの世界を全く知らない人にはチンプンカンプンの世界でしょうな。ある程度パソコンの知識がある人限定の物語である。
 相変わらず怪しい人がたくさん出てきて、ターゲットがコロコロ変わる設定。それにいちいち振り回されていると、今起こっている問題の根本が解らなくなってくるので要注意だ。ジレットは被害者のパソコンを隅から隅まで調べて、そのパソコンにクラックしてきた犯人の痕跡を捜す。犯人は全ての痕跡を消すためのプログラムを用意している。パソコンにクラックしては身分証などを偽造し、新たなルートを奪って警察を混乱させている間に違う犯罪を犯す…ジレットはその裏をかいて犯人のルートを探る…。まさにハッカー同士のデッドヒートが640ページにも渡って描かれているのだ。いやマジで、脳みそフル回転で疲れましたわ。
 最初は被害者のパソコンにクラックするくらいですんでいた犯人の所業も、しまいにはペンタゴンの指令までも書き換えてしまう程にエスカレート。いやぁここまで行っちゃうと…恐ろしくて気軽にインターネットなんて出来ませんよホント。そのテの人にとっては他人のクレジットカードの番号を盗むなんて、バカみたいに簡単な事なのだ。ネット通販を楽しんでいる私にとっては恐怖の物語。ノートン先生のファイアウォールは万全かしら?やっぱワイヤレスは危ないかしら?知ってる人から来る添付ファイルにウィルスが潜んでいる事だってある世の中、ネットライフは危険と隣り合わせだという事を再認識させられた。最後にじんとするハートウォーミグな設定も用意されているが、そんな事よりも自分の生活に忍び寄る恐怖の方が印象深い物語だった。作品的には…標準以下って感じかな。UNIX使いのディーヴァーファン以外は読まなくてもいい作品かもね。
青い虚空 青い虚空
ジェフリー ディーヴァー (2002/11)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。