HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
獣たちの庭園/ジェフリー・ディーヴァー
私の大好きなリンカーン・ライムシリーズとは全く違う歴史サスペンス。舞台は第二次世界大戦前のドイツだ。ディーヴァーと言えば「大どんでん返し」、このテイストは健在だ。ま、スパイものだけあって黒幕は想像通りだったりするんだけども。しかし黒幕捜し以外の部分でビックリする仕掛けも用意されていて最後まで飽きない。歴史上の人物がペラペラしゃべるので、歴史好きにもお薦めのサスペンスかも。
 ニューヨークの殺し屋、シューマンはアメリカ海軍にはめられてベルリンへ向かう事になる。目的はナチスのエルンスト大佐の殺害。現地工作員との接触を試みるが暗号が違っていたために逃走、射殺事件を起こして現地警察から追われる立場に。SSやSAの暴力が支配する街でシューマンは裏社会で暗躍するオットーと知り合う。オットーと共にエルンスト殺害計画を進めてゆくシューマン。しかし現地警察のコールの捜査は、着々とシューマンを追いつめて行く…という物語。目的は一つなのだが、そこに辿り着くまでには様々なドラマがある。様々な人間模様もある。まず中盤で意外な事実が明かされて、ラストでは思わず「おお!」と叫んでしまうような仕掛けもある。しかし物語の土台は割とありがちな設定だ。それがディーヴァーの手にかかるとこんな風に味付けされるんですよ、って感じかな。
  今まで知的ゲームがモチーフだったディーヴァー作品には珍しい正義感丸出しのヒーローが登場するが、やっぱりイマイチしっくり来ない感じだ。人物を巧く描き切れてないと言うか。まずニューヨークでの生活が良く分からないので、恋人と思われるマリオンとの関係もピンと来ない。NY生活はたまーに回想されるだけなんだけど、そこが曖昧なので彼が海軍に騙された悔しさとか虚しさが伝わらないのだ。彼という人間性が良く分からない分だけ、理解できない部分も多かったかな。
 彼が冷徹な殺し屋から正義感溢れるヒーローに変貌してゆく様を見守っていくようなお話。それも彼の性格がちゃんと理解できれてば面白いんだろうけど…微妙だったなぁ。もちろんナチスの人道に反する行為は見過ごす事の出来るものではないけど、それは誰もが思う事で設定が普通だ。 もしかしたら私に読み切れていない設定があるのかもしれないけど。やっぱ私はこういうアクション・サスペンスよりは知的サスペンスの方が好きだなぁ。全作品読まなきゃ!というディーヴァーファンならいいけど、敢えて読むまでもないといった出来ではないでしょうか。ライムシリーズの次作に期待しましょう。
獣たちの庭園 獣たちの庭園
ジェフリー・ディーヴァー (2005/09/02)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。