HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アクロイド殺し/アガサ・クリスティ
『アクロイド殺し』は探偵小説のトリック解説などに必ず登場する程の名作である。今となっては珍しくない手法だが、当時はこのあまりに斬新なトリックに世間が戸惑ってしまったのだろう。私がこの作品を初めて読んだのは中学生の時だったと思うが、真犯人が分かった時の衝撃を今でも覚えている程だ。クリスティの作品はほとんど読んだが、私の中のNo.1は間違いなく『アクロイド殺し』である。ただ、当時は『アクロイド殺人事件』って題名だったような気がするけどね。
 トリックも分かってるし、犯人も分かっている。そんな状態で探偵小説を読んだってちっとも面白くないだろう!と思うかもしれないが、今回の目的は“トリックの再確認”なのでいいのだ~。トリックこそ探偵小説の醍醐味!最近の探偵小説では味わえない楽しみと言っても良いだろう。本文の中にひっそりと重要な一文が紛れていたり、時間を操作するような表現があったり。その小さな「?」に気づいた時の感動。私は物語を咀嚼しながら読むタイプではないので、そういう重要な一文を読み飛ばしてしまうかもしれないのだ。今回はじっくりと物語を咀嚼して、仕掛けられたトリックの穴を見つけだすぞぅ~!
 そういう状況でこの作品を読むと作者の意図がよく分かり、やはりこの作品はトリックものの探偵小説として一級品である事が実感できる。しかし…それでも読み切れなかったトリックがまだあったのだ!巻末の解説に「アガサはこの作品にごまかしがある事について次のように釈明している」という一文があるのだが、そのごまかしについては今回もどこだか分からなかった…。ウガー!どーして私はそういう細かい作業が苦手なんだろう?悔しいよぅ。
 この作品はエルキュール・ポアロが活躍する物語。しかし既に彼は引退していて、事件が起こった小さな村でカボチャ作りに精を出している、という設定になっているのでビックリだ。どうも引退して養蜂業に勤しんでいたホームズを思い出さずにはおれない…。この作品が書かれたのは1926年、という事は1887年にデビューしたホームズの方が先輩という事だね。この作品の筆者は医師のシェパードなので、「ポアロの活躍を記録するワトスンのような役割をする事になった」という一文があるのが笑える。初めてクリスティを読んだ頃、私はポアロがあまり好きではなかったのだが、それは私があまりにホームズに傾倒していたからかもしれない。ホームズにない知的な部分を認めるのがイヤだったのかもね、子供だったから!「人間性の研究」に興味があると言ったポアロの方が心理的、扇動的に捜査を進めるのが巧いようである。ホームズを全巻揃えた後の目標は、改めてのクリスティ全巻制覇!かな?
アクロイド殺し アクロイド殺し
アガサ クリスティー (2003/12)
早川書房
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。