HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新選組全史/中村彰彦
いやぁ、すっかりハマっちゃいましたね新選組。この本はS編集長から子母澤寛の新選組三部作を借りる前に読んでいたのだが、この本の中で子母澤作品がよく引用されていたので、三部作を先に読む事にした。つまりこの本は、これまでに多数発表されている新選組のエピソードを新たに検証して発表した最新版の新選組読本なのである。
 新選組隊士個人のエピソードというより、新選組という団体を客観的に見て歴史的事実と照らし合わせながらその実像を解明しようとする造りになっているので、とても分かりやすい。歴史の中で新選組がどのような位置づけであったのかがよく分かる。幕末の歴史についても丁寧に説明されていて助かった~。子母澤作品は歴史的な流れはあまり説明されていないので、初心者はこっちから読んだ方が良いかも。しかし筆者は子母澤が発表した内容にかなり疑問を抱いているらしく、三部作に書かれてある数々のエピソードを批判したり反論したりしているので、子母澤ファンはちょっとムッとする、かもしれないな。
 しかし新選組というのは実在した団体なのだ。沖田総司が美形だとか近藤勇は人斬りが三度の飯より好きだとか、真実をねじ曲げてエピソードや人物を美化してはいけないと私は思う。筆者独自の推理が正しいかどうかは別として、たった数年で幕末の世を駆け抜けて散っていった新選組という集団がどのような存在だったのか、を客観的に見ながら動乱の時代に思いを馳せるには最高の史料ではないだろうか。
 特に面白かったのは、戊辰戦争前後の話。近藤勇が斬首された後の歴史にはあまり詳しくなかったので、今回の蝦夷共和国政府の話やその海上戦のエピソードはかなり勉強になった。思えば開陽丸の喪失が蝦夷共和国の敗退を決定づけていたんだなぁ…。そうしてそんな中、最後まで朝廷に抵抗する蝦夷共和国の一員として戦った土方は本当に格好良かったなぁ…。いや、よーく考えれば世の流れに順応できなかった不器用者だったのかもしれないけれど。一つの信念を周りに流される事なく貫いたその精神、今の日本人が忘れている武士道、そんなものをひしひしと感じたよ。やっぱり日本史は幕末が一番面白い!これから新選組を知りたい人、既に知ってるけど最新の解釈を知りたい人にはお勧めのシリーズ。来年の大河ドラマを見る前に読んでおこうね。
新選組全史 幕末・京都編 新選組全史 幕末・京都編
中村 彰彦 (2001/07)
角川書店
この商品の詳細を見る

新選組全史―戊辰・箱館編 新選組全史―戊辰・箱館編
中村 彰彦 (2001/07)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。