HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第三の時効/横山秀夫
F県警強行犯チームの活躍を描いた全6篇の短編集。シリーズは現在でも連載されているらしい。元・新聞記者だった作者が描く警察小説は設定がリアルだ。そしてキャラクターの描写が実に生き生きとしている。それぞれのチームが抱える問題や葛藤、様々な人間模様が事件を通じてリアルに描かれているので、感情移入度も高い。物語も緻密に構成されているので、どんでん返しミステリが好きな人にはお薦めだ。
 「沈黙のアリバイ」は現金集配車襲撃事件にまつわる、犯人と刑事との法廷バトル。犯人が主張するアリバイは本当にあったのか?取調室での心理戦の描写は、背筋が寒くなる程のリアルさだ。「第三の時効」は夫殺しの犯人に迫る時効にまつわる物語。“時効封じ”の離れ業で事件は大きく動き出す。しかしそこには警察に話す事の出来なかった、意外な事実が隠されていた。割と想像しやすい結末なのだが、そこに持って行くまでのギミックが秀逸だ。「囚人のジレンマ」は違う強行班チームが追っていた二つの事件が、意外な所で繋がってゆく物語。ゲーム理論の一つである“囚人のジレンマ”を上手く活用している。
 「密室の抜け穴」は、張り込み中に忽然と姿を消してしまった犯人の行方と、事件の裏に隠された意外な事実を暴く物語。トリックは単純だが、やはり物語の構成が上手いので引き込まれてしまう。人間というのは“待つ”のが苦手な生き物なんだなぁと実感したりした。「ペルソナの微笑」は青酸カリを使った殺人事件に隠された、意外な犯人の物語。子供の頃に受けるトラウマとは何と残酷なものか、と思う。この手の犯罪をモチーフにした作品はいろいろあるが、ちょっと後味の悪い作品だ。「モノクロームの反転」は住宅街で起きた殺人事件と、その目撃証言との矛盾にまつわる物語。二つの強行班チームの確執と共に、真相が徐々に明らかになってゆく。どれもF県警強行班チームが扱った事件で、どれも探偵小説として見事な出来の短編集だ。
 短いストーリーの中に人間関係や事件の背景、過去のトラウマなどがぎっしりと書かれているのに、無駄なエピソードは一つもない。短編小説の良さがギュッとつまった作品だと思う。短編小説だがシリーズものなので、さくさくと読める良作だ。探偵小説好き、警察小説好き、どんでん返しミステリ好き、短編小説好き全てにお薦め!今後のシリーズ展開が大いに楽しみだ。
第三の時効 第三の時効
横山 秀夫 (2006/03/17)
集英社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。