HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バカの壁/養老孟司
新書界最大のベストセラーである本書。養老先生の事は『NHKスペシャル人体の小宇宙2~脳と心』のガイド役で出演していたので知っていたが、その時の柔和な先生の語り口を知らない人がこの本を読んだら「何て偉そうな事言う人なんだろう!」とびっくりするのではないだろうか。ま、そうやらテレビで見せていた柔和なイメージこそが“造り”だったっぽいけれども。この本は、脳みそのエキスパートである養老先生がひたすら持論を語っている本である。学問書ではないので、この本を読んでも脳みそに詳しくなれる訳では決してない。飲み屋でオヤジの持論をひたすら聞かされてる感じ、そこら辺を踏まえて読まないと「想像と違うわ…」という気持ちになってしまうので要注意だ。
 親友Sが私に「結局親は子供に自分の知ってる事しか教えられないんだよね」と言った事がある。そして私の持論は「価値観や考え方の違う人と語り合っても時間のムダ」である。リンゴを嫌いだと言う人にリンゴの良さを語ったって理解し合える訳ないじゃんと私は思っているので。この書はまさにそういう問題を掘り下げて語った本である。「結局われわれは自分の脳に入る事しか理解できない」と養老先生が言う通り、世の中には知らない事がたくさんあるけれども、人々は興味のない事を脳にインプットしないようにしている。それは何故か?それには教育や社会のあり方に問題があると先生は言うが、それを私たち一般庶民にアツく語られてもねぇ…って感じ。問題提示だけされて、解決法がないんだよね。持論をひけらかす書なんだったら、そこらへんももっと突っ込んで語ってくれればスッキリするのに。
 それでもさすがは脳みそのエキスパート、「脳内の一次方程式」や「ニューラル・ネット」「方向判断の仕組み」の説明なんかは面白かったよ。脳みその先生じゃなきゃ語れない内容だったし。あと「万物流転、情報不変」という定義もなかなか興味深かった。万物は流転するという事を分かっていないオトナが多いのは知っていたが、情報が不変だとは考えた事もなかったので。脳みそ先生の面白いところは、全ての内容について善悪や優劣を決めない事だ。情報不変という定義も、その情報が正しいかどうかは問題ではない。ただ、記録された情報の内容が変わることはないという現象だけを語っている。そこら辺が理系の頭なのかもしれないなぁ~、シンプルで好感が持てるね。
  思考は単なる電気信号の流れから生まれてくるものであり、脳みそは入力と出力しかしない臓器であり、脳を構成している神経細胞は興奮しているかしていないか、どちらか2つの状態にしかない。脳みそを知れば知るほど、ロマンティックとはほど遠い現実に直面する。でもやっぱり人間として生きている以上、絶対に心というものはあると思いたい。あんなに胸が痛くなるような思いを単なる電気信号の流れの結果とは思いたくないと、私は考えてしまうのである。「人間は働かなくても食える状態」が究極の幸せだと感じ、それを実現しようと努力してきたのだという先生の考え方を面白いと思えれば、宗教やテレビや共同体のあり方や一元論というものについても違和感なく読めるかもしれない。私は、極論じゃん?とか思っちゃったのであんまり共感はできなかったけれども。言うまでもない事だけど、「こういう考え方する人もいるのね」くらいの状態で読むならそれなりに面白い読み物かもしれない。私の感想は、「これがベストセラー??」って感じだけど。ま、ロマンティックな乙女にはあんまり向いてない、かもしれないな。
バカの壁 バカの壁
養老 孟司 (2003/04/10)
新潮社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。