HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンゴー・レイン/馳星周
馳星周お得意のアジアン・ノワール。舞台はバンコク、題名のマンゴー・レインとは雨季を告げる夕立の事だ。慢性的な交通渋滞とマンゴー・レイン、憂鬱な条件が揃ったこの街で起こった地獄のような数日間を描いた作品である。まぁテイストも設定もいつも通り。オチも予想通り。それでも次から次へと起こるアクシデントとトラブルの連続に、息つく暇もなく先を読みたくなってしまう。そんな作品。まぁ相変わらず人が死に過ぎでちょっと疲れたけどね。
 バンコクの街が舞台なので、巻頭にバンコク中心街の地図が載っていたのは有り難かった。もうちょっと広域の地図もあるとより分かりやすかったんだけど。細かい地名や小さな路地がしょっちゅう出てくるので、バンコクに行った事のある人だったらより面白かったんだろうなと思う。馳先生の手にかかると、どこの都市もノワールに変わる。世界中どこの都市にも裏社会っていうのは存在するんだろうなぁ。そしてやってる事もどこも一緒なんだろうなぁ。普通に生きてたら知る事もない世界、いやぁ~マジで「平凡が一番の幸せ♪」と思わずにはおれないね。「生まれてきた事を呪うような人生を送らせてやる」なんて言葉、一生聞きたくないじゃん!だからこそ小説という虚構の世界で知りたくもない世界を疑似体験するのが楽しいんだけどね。
 目的は一つ。物語は、その手段の描写だ。人間関係をキチンと理解していれば簡単だ。しかし一番面倒だったのがタイ人の名前を覚える事だった…。裏社会と密接に繋がった経済界と軍、そして政界。そんな腐った社会の中をうまく泳ごうとした結果、待っていたのは悲劇だった。馳先生の小説で待ち構えているのはいつも悲劇だ。そこが切なくてイイと思っていたけど、この間読んだ『獣たちの庭園』みたいな後味スッキリなノワール小説の方が好みかもしれないな。探偵小説と違って、やりっ放しな所が痛快で良いね。
 でも二度読みたいか、と言われたら否と答えるしかないかなと思う位の出来。 中国人の女が美しいのはイイとしても、あんまり魅力的な人物像ではなかったのでソゴウが命を賭ける価値が良く分からなかった。頭が良くて冷徹、という設定はアリだけど、何となくズルいだけの女になってしまっているのが残念だ。「博打をやる男とはつき合うな」という言葉を全国の女性に贈りたいと思わずにはおれない物語。まぁ馳先生ファンなら読んでもいいと思うけど、てな感じかな。

マンゴー・レイン マンゴー・レイン
馳 星周 (2005/03)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。