HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新選組血風録/司馬遼太郎
『燃えよ剣』で夢中になってしまった司馬遼太郎の歴史小説。ドキュメント本とは違う、ドラマティックでロマンティックな物語がギッシリ詰まっている。新選組を知るための入門本としてもお薦めの一冊だ。様々な隊士の名前や立場をすっかり理解した上で読むと、裏話のように楽しむ事ができる。篠原泰之進に耳を洗うクセがあるなんて、想像すらしてなかった設定で面白いし。
 『油小路の決闘』は伊東甲子太郎が暗殺されるまでの話を篠原泰之進を主役に描いた物語。伊東と篠原の関係が詳細に描かれているのが興味深い。『芹沢鴨の暗殺』は大阪商人の菱屋太兵衛を登場させて、有名な芹沢鴨暗殺のエピソードを紹介している。菱屋の愛人と芹沢の関係が発端となるという、マンガ『風光る』にも引用されているエピソードだ。『長州の間者』は新選組に入隊した後に長州の間者となった深町新作が、沖田総司に見破られて成敗されてしまう物語。池田屋事件の直前、長州の間者として入隊した二人の隊士が辿った運命がドラマティックに描かれている。『池田屋異聞』は有名な池田屋事件を、監察役の山崎蒸を主役に描いた異色作。池田屋での戦闘で山崎がどのような活躍をしたか、改めて知る物語にワクワクさせられる。それぞれの主役は、これまであまりスポットが当たらなかった人物。事実かどうかは別として、人間味溢れるエピソードばかりで面白い。
 『鴨川銭取橋』は武田観柳斎が薩摩屋敷に出入りするようになり、斎藤一によって銭取橋で斬られるまでの話。トシさんと山崎蒸の関係がリアルに描かれていて面白い。『虎徹』は近藤勇の愛刀・虎徹にまつわるお話。彼の虎徹は果たして真刀だったのか?想像しながら読むと面白いだろう。『前髪の惣三郎』は女と見まごう美貌の剣士・加納惣三郎を巡る男色のお話。映画「御法度」の元ネタである。 『胡沙笛を吹く武士』は家庭を持った隊士・鹿内薫が池田屋事件での失態から転落してゆく物語。生涯妻を持たなかったトシさんの気持ちが分かるような気がした物語だ。『三条蹟乱刃』は井上源三郎と国枝大二郎の話。生涯表舞台に出なかった源さんの素顔をかいま見る事のできる、どことなくほのぼのとした物語である。『海仙寺党異聞』は長坂小十郎がいつの間にか同郷の隊士・中倉主膳の仇討ちをする事になる物語。トシさんと総司の掛け合いが小気味よくてイイ。『沖田総司の恋』は労咳を病んだ総司が医者の娘に淡い恋心を抱く話。長州寄りの西本願寺の信徒と新選組という関係がロミオとジュリエットっぽくて切ない話だ。『槍は宝蔵院流』はゴマすりで嫌われ者だった谷三十郎が息子を勇の養子にした一件の顛末を斎藤一を絡めて描いた。勇の俗物ぶりがよく分かる物語だ。『弥兵衛奮迅』は薩摩藩脱藩浪士の富山弥兵衛が間者として伊東派と薩摩との仲介をしつつ、水戸藩に捕縛されて命を落とすまでの話が描かれている。大久保利通、中村半次郎といった新選組の敵側から描かれた物語で、最後に西郷隆盛が見せる涙にじんとさせられる。『四斤山砲』は新選組で砲術を学んだ阿部十郎が大林兵庫と対立して、最後は鳥羽伏見の戦いでその仇を返す物語。最強の武器を装備した薩摩軍に対して剣の力しかなかった新選組の戦いぶりが悲しい物語だ。『菊一文字』は総司が愛刀・則宗を手に入れるエピソードを描いた話。日本刀に魅せられる武士の気持ちが分かる、ような気がする物語だ。
 これまでさんざっぱら新選組関係の本を読んできたが、それでも充分に面白い短編集だった。こう言っては何だが、子母澤寛の本より数段面白い…。まぁこれは歴史小説だからね、完全に史実という訳ではない、という事を理解して読まなければいけないが。全編を通じてトシさんがよく登場するのでトシさんファンにもたまらない作品と言えるだろう。司馬遼太郎はトシさんが好きだったんだなぁ…。全作品を通じて、トシさんへの愛を感じる物語であった。そして司馬遼太郎は勇があんまり好きじゃなかったんだろうなぁ…。勇に対する皮肉をも、存分に感じる事のできる物語である。まぁ新選組ファンなら必読、でしょうね。
新選組血風録 新選組血風録
司馬 遼太郎 (2003/11)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。