HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
理由/宮部みゆき
ハードカバーで読んで以来、6年ぶりに文庫版を読んだ。最初に読んだ時はあんまり面白くないと思っていたので「なんで直木賞なんか取れたんだろ」なんて書いた事があるが、その頃の私はこの作品の独創的な手法や「家族」について理解できてなかったんだろうなぁ…。第一読むの二回目だっつーのに犯人を忘れてるし!いや、普通に読んでも犯人はある程度予想できるのだが、殺人の「理由」が分からなかったのだ。この物語では、「理由」が非常に重要なキーワードになっている。そして登場人物全てが抱えるそれぞれの「理由」に共感できるかできないか、が評価の分かれる所のような気がする。若い頃の私には、その「理由」の意味が分からなかったんだなぁ…。
 そして二つ目のキーワードは「家族」である。この物語にはたくさんの家族が登場する。そしてその家族はそれぞれに問題を抱えている。借金地獄に陥った家族、進学問題で父親と対立する息子、嫁姑問題が激化する家、10代の未婚の母を抱える家族、父親が失踪して残された姑を養う妻…。しかしそれらは決して“単なる小説の中の出来事”ではないのだ。 いつ自分たちが同じ目に遭うか分からない、非常にリアルな問題に翻弄されてゆく登場人物を見ると、恐ろしさすら感じてしまうのである。
 一言で言えば、「競売物件を巡る殺人事件と、それをとりまく人間模様」ってヤツである。 超高層マンションを買ったがローンが払えず、競売に出した小糸家。そのマンションを競り落とした石田。しかしマンションは砂川一家に占有されていた。そして起こる殺人事件、犯人と疑われた石田は逃亡する。徐々に明らかにやってゆく、砂川家の人々の正体。そして逃亡する石田を発見した片倉家の人々。そして未婚の母となった宝井綾子と事件との関係は?一つの事件を中心に、蜘蛛の巣のように様々な人間が事件に絡め取られてゆくのだ。
 登場人物が多いので覚えるのに大変かと思ったが、全然そんなことはなかった。インタビューに答えるという形で登場人物たちが自分の言葉でしゃべるので、人間性やその人の育ちなどが想像しやすいのだ。独特なドキュメンタリータッチの作風が功を奏している。 その口調がまどろっこしく感じる部分もあるが、この実験的な手法を理解していれば不快ではないだろう。「家族」という血の絆に関わる、いくつもの悲劇が描かれた作品。オトナになった今なら言えるよ、「やっぱこれは直木賞受賞作品にふさわしい作品だったよ!」ってね。
理由 理由
宮部 みゆき (2004/06/29)
新潮社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。