HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
骨音~池袋ウエストゲートパーク3/石田衣良
「この世で一番速い音がなんだかわかるだろうか?」という書き出しで始まる『骨音』。テレビドラマの『IWPG外伝~スープの回』の元となった物語だ。この一文で既にメロメロ。ドラマを先に見ていたので物語は知っていたが、よりバイオレンスでキングことタカシのクールな格好良さが際立っている。つーかドラマ版ではキング、ほとんど出てなかったからねぇ…。
  『西一番街テイクアウト』は西口で売春婦をしているヒロコとその娘、香緒をヤクザの手から守るためにマコトとその母が奮闘する物語。これまで小説版ではほとんど登場しなかったマコトの母(ドラマでは大活躍なのだ)の活躍、そしてラストのタイマン勝負で見せるタカシのスピーディなファイティング・スタイルは明らかにドラマ版を意識してるんじゃないかなぁ…。それがドラマ版のファンにはとても嬉しい仕掛けだった。『キミドリの神様』はマコトが池袋で地域通貨を発行するNPOから偽札を製造する犯人を見つけて欲しいと頼まれる物語。私はNPOには詳しくないが、そんな活動があるのかとかなり興味を持った。ま、実際には小説のようなカラクリがないと運営は難しそうだが。
 『西口ミッドサマー狂乱(レイブ)』は150Pにも及ぶ書き下ろし!合法ドラッグが蔓延する社会と、ドラッグと直結したレイヴの世界を描いた中編だ。レイヴ会場で取引されている凶悪ドラッグ「スネークバイト」の売人を捕まえるためにマコトが奮闘する物語。久しぶりにマコトの恋愛模様が楽しめる。この物語の締めくくりは、池袋西口公園で開かれるゲリラレイヴ。Gボーイズが周辺の道路を封鎖、会場周辺はジャマーによって携帯電話の電波を遮断して行われるレイヴパーティ。合い言葉はミッドサマーレイヴ、まさにIWGPにピッタリのイベントなのだ。これがめちゃくちゃ臨場感があって、読んでいるだけで興奮しそう。さ、さすがは石田センセイ…♪義足の歌姫トワコはめちゃくちゃ魅力的な女性だし、マコトとのラブシーンも最高にカッコイイ。そして彼女が最後に選んだ道にも、感動した。この作品はイイぞ!もしかしたらIWGPシリーズの最高傑作かも。
 今までのシリーズ作よりも物語の構成や文体が洗練されているし、登場人物が生き生きと描かれていて感情移入しやすい。1作目や2作目よりも 断然イイ。もちろん外伝よりも全然イイ。あとがきが宮藤官九郎(クドカン)ってのもイイ。クドカンもあとがきで書いているけど、ホント石田センセイって見た目も柔らかな優男だしサイン会の時に聞いた話し方も「知的で物静かな男性」って感じなのに、センセイが書くのは骨が折れた時の音にハマる男だとか売春だとか闇金融だとかドラッグでラリった男達の話。あんな風貌のセンセイのどこからそんな暴力的な話が?と思ってしまうのだが、それはそれでまた一つの魅力なんである。間違いなく本作はシリーズ最高傑作だ。IWGPファンなら必読。これからシリーズ読む人にもお勧めだが、物語の中にチラッと『外伝』の話が出てくるので、そっちを先に読んでおいた方が感情移入度もアップ。そんな作品。ますます石田センセイに惚れた作品。シリーズ4作目の『電子の星』も発売された事だし、まだまだこれからもIWGPにハマっていきそうである。
骨音 池袋ウエストゲートパーク3 骨音 池袋ウエストゲートパーク3
石田 衣良 (2004/09/03)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。