HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
点と線/松本清張
松本清張のあとがきで必ずと言っていいほど紹介されている名作。私は数字に弱い女なので時刻表を駆使した、と言われた瞬間に興味ないと思ってしまうタイプなのだが、松本清張は別格だ。しかし本屋で手にとってビックリ、案外薄い本だったのね…。この文量でそんなに複雑なトリックが説明しきれるものなのだろうか?と思って読んでみたのだが…。不安は的中、ハッキリ言ってこれは、時刻表ミステリなんて言う程のモンじゃあありませんでした。そんな事言ったら西村京太郎センセが泣くよ(彼の作品は読んだ事ないんだけどね)。
  九州の博多で発見された男女の死体。その6日前、東京駅で二人が特急電車に乗り込むところが目撃されていた。目撃したのは女の勤め先の料亭にいる女たちと店の常連の安田。しかし警察は男が所持していた特急の食堂車のレシートに「おひとりさま」と記載されていたのを見て、疑問を抱く。男は本当に女と一緒に博多に来たのか?東京駅で彼らを見たという安田に疑惑の目を向ける警察だったが、彼には殺害時刻に博多にはいなかったというアリバイがあったのだった…という物語。そこに何故時刻表が関わってくるのか、そしてそれが何故私にとっては納得できないものだったのかについては以下の通りだが、ネタバレなので要注意ね。
  まず最初のトリックは「東京駅で二人を目撃させる事」だった。二人は上野駅の2つ先のホームから目撃されるのだが、間にあるホームに電車が停車していたら彼らを見つける事は不可能なのだ。1日の間でそのトリックが達成できるのはわずかに4分間、その危うさはあとがきの解説でも指摘されているが、確かにちょっとビミョーなトリックなのである。そして次は安田のアリバイ破り。安田は死体が発見された日の夜には札幌にいた事が証明されており、そのためには殺害時刻には電車に乗っていなければならないため、アリバイは立証されると考えられていた。でも私は最初から思ってたんだよ…。なんで刑事さんは電車の事しか考えないの??飛行機使ったら全然間に合うと思うんですけど?案の定、刑事さんは飛行機の可能性を考え出したけれど、それはもう物語の3/4が過ぎたあたりの事…。まぁ清張ミステリでは捜査が寄り道して長くなるのはいつもの事なんだけども。今回のトリックはちょっとなぁ…。飛行機使ったら時刻表も何も関係ないじゃん!まぁそれが私がこの作品を時刻表ミステリだとは思いたくない理由。まるで双子が犯人だった、みたいな肩すかし感だよなぁ…。
 それでも清張の素晴らしいところは、その表現力である。東京の刑事と博多の刑事がやりとりした手紙の文面をそのまま使ってトリックを説明しているのが、とても面白くて良かった。 そして彼が本当に言いたかったのはトリックの斬新さとかじゃなくって、日本の政界に巣くう汚職問題なのである。汚職に絡んだ人間がどのような末路を迎えるのか。それはその人たちの立場によって全く違うものになる。その憤りや虚しさが最後の章であっさりと紹介されているのが、余計に悲しくなる。そういう表現がとても上手だ。これは時刻表ミステリなんかじゃなくって、社会派ミステリなのだ。詰めは甘かったけど、手は良かったかなって感じ。誤解のないように言っておくけど、もちろん上記のような不満がありつつも本作が名作である事には間違いないのでご心配なく。読んで損した!という気持ちにはならないと思うよ、満足するかどうかは分からないけれど…。
点と線 点と線
松本 清張 (1971/05)
新潮社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。