HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痕跡/パトリシア・コーンウェル
検屍官シリーズももういいよなぁと思いつつ買ってしまった最新作。ところが読了した後に、前作『黒蠅』を読んでいなかった事に気づいた。…主人公を取り巻く様々なシチュエーションが理解できなかった訳だよ…。私が最後に読んだシリーズ作品は2001年発売の『審問』。4年も前だから細かい設定を忘れているだけかと思ったら、途中をすっ飛ばしていたんだね。読んでる途中で気づけよ!って感じでしょーか。
 という状態で読んだ本なので、やはり最後まで主人公の苦悩を理解する事が出来なかった。細かい状況設定が分からなかったからかもしれないが、全てが中途半端で気持ち悪い終わり方をしているなぁという感じ。新しい検屍局長がゴミ収集員を病的に恐れるシーンとか、あんなにじっくり説明されていたので伏線だな!と思っていたら全然関係なかったし…。ヘンリ・ウォルデンの奇行もあんなに詳しく紹介した割に、結論は気が抜ける程あっさりしていたし…。マリーノが警官という職業に未練を持っているという事は分かったが、それがどーした!っていう程度のエピソードだし…。読み終わった時、思わず「え?これで終わり?」と口にしてしまった程あっけない終わり方だった。エピソードが濃密な割に全てが中途半端な結論。すごい講釈たれて料理にとりかかったら、出来上がったのはゆで卵だった、みたいな感じかな。
 事件そのものも、極めて単調。よくよく考えてみたら、科学捜査で犯人を割り出す過程が面白いシリーズなのに、 主人公が一般人になっちゃったら設定が破綻してしまうよね。いかに彼女を検屍官として事件に関わらせるか、という辻褄合わせばかりが目につく造りだ。犯人の過去に彼女が関わっているという設定は面白かったが、犯人の美学のなさが物語を薄っぺらくしている。て言うか、犯人とその母とのエピソードはあんなんでいいのか?煽るだけ煽って途中で放り出したわね…。そんな設定ばっかで、何かフラストレーションが溜まるなぁ。
  まぁ何と言っても一番の驚きは『業火』で死んだはずのベントンが生き返っていた事だ!私が読んでいない『黒蠅』でその経緯が説明されているのだろうが、そうとは知らずに読んだのでビックリしたなぁ…。こうなったらやっぱり気になるので、今さらながら『黒蠅』を読んでみようと思う。今作の結末がああなった以上は、二人の関係は知っておきたいもんね。物語を盛り上げるだけ盛り上げといて結果はあっさり、という造りの作品だが、それは作者のいつものパターンとも言える。なのに毎回それを不満に思ってしまうのよね。作品や事件の内容よりも、登場人物たちの“その後”が気になって読み続けているのかもしれない。でも彼らが正規の捜査官でなくなった以上、このシリーズを続けるのもツラいんじゃないかなと思う。センセイ、何事も引き際が肝心ですよね?
痕跡 (上) 痕跡 (上)
パトリシア・コーンウェル (2004/12/15)
講談社
この商品の詳細を見る

痕跡 (下) 痕跡 (下)
パトリシア・コーンウェル (2004/12/15)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。