HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アウトリミット/戸梶圭太
『溺れる魚』と同じ世界観のアクション小説。『溺れる…』で圧倒的な存在感を放っていた御代田警視正がサブキャラとして登場し、彼の部下である女性の神崎警視が男性顔負けのアクションを繰り広げるクライムノベルだ。独特のスピード感と、個性溢れる登場人物たちの物語がパラレルで進むという、作者お得意のストーリー運びで軽快に描かれた作品である。
 犯人を殺してしまった井川刑事は、警察には犯人を追跡していると見せかけながら犯人が残したメモリーカードを現金に換えるべく墨田区近辺を逃げ回る。タイムリミットは18:00。しかしその日は隅田川の花火大会が開催されるため、街は見物客でごった返していた。“死体を隠す”“現金の受け渡し”“犯人は生きていると警察に見せかける”という命題を背負った彼は元同僚の男を共犯者に選ぶが、彼の取った意外な行動が更なる混乱を生んでしまう。拳銃、三千万、ボールペン・ガン、ホモのカップル、警察署内にはびこるマルチ商法、スナックの屋上で繰り広げられる花火見物の宴…。それら全てが暴力によって粉砕されてゆく。 相変わらず、ぐちゃぐちゃな物語だ。
 と言っても物語は極めてシンプル。目的は一つしかないのに、それを多数の登場人物が絡んで複雑にしてゆくのだ。他人を意のままに操ろうなんて、絶対に無理なんだよなぁと納得させられる物語だ。そしてウソは必ず見破られるのだ、という事も。
  井川が次々と窮地に陥っていくので、その先が知りたくてついつい読んでしまう。そんな物語。そして結末はこれまた意外にシンプルで。でもそれまでの物語があまりに濃密なので、最後くらいあっさりして丁度いいのかも知れない。神崎警視の意外なプライベートがちょっぴり明かされて、物語は終わる。相変わらず痛快でクレイジーなドタバタ劇だ。いろんな事を深く考えずに、読んだままのシーンを想像するだけで充分楽しい。でもやっぱり『溺れる…』には適わないかな…。ヒット作のパワーを維持し続けるってのは大変な事なんだなぁと痛感するね。続編にも期待しよう。
アウトリミット アウトリミット
戸梶 圭太 (2005/02)
徳間書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。