HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
輪違屋糸里/浅田次郎
「壬生義士伝」以来の浅田次郎の新選組もの。しかも主人公が島原の芸妓という異色の設定である。糸里と言えば、新選組ファンなら芹沢鴨の殺害現場に居合わせた芸妓である事は既知の事だろう。殺害現場から逃走した後は行方知れず、という事しか伝わっていないため「実在した人物なのか?」という憶測も飛んだという“幻の登場人物”だった糸里。彼女が主人公となる物語で、新選組がどのように描かれるのか…新選組マニアの私にとっては興味津々のテーマである。
物語は音羽太夫が芹沢鴨によって切り捨てられる事件から始まる。音羽太夫を姉のように慕っていた糸里天神。彼女は新選組の土方歳三に恋しながらも、その想いを伝えられないまま新選組の内部抗争に巻き込まれてゆく。そして粛々と進められてゆく、芹沢鴨暗殺計画。恋か芸の道か。愛する土方のために、彼女はどのような決断を下すのか?芹沢鴨暗殺という闇の事件を、女たちの視点で捉えた異色作である。
「壬生義士伝」で新選組に対する土台がしっかりしている浅田次郎が描く幕末の世界は、まるで現代の出来事のように色鮮やかで生々しい。登場人物の設定はフィクションも多いが、それを感じさせない程に生き生きとした台詞回し。京都と江戸の文化や言葉遣いの違いがエピソードの中でさりげなく説明されていて、それが登場人物の設定に活かされている。同じ京都人でも商人と土着の住人士では文化も違うのだなぁ。そしてやっぱり私は江戸弁の毅然としたストレートな物言いがカッコ良くて好きだ。大好きな歳さんの江戸弁は、言っている様が想像できてしまうくらいにリアルでカッコイイ!菱屋の主の愛人であるお梅は江戸出身。彼女が京都弁の遠回しな嫌味に江戸弁で啖呵を切るシーンは清々しいの一言!そしてそんな彼女は、これまでの新選組ものでは描かれた事のなかった程イイ女として登場している。深紅の薔薇のように凛として美しい彼女。私の中では、主人公の糸里よりも彼女の方に鮮烈な印象が残っている。
とは言え、「壬生義士伝」で受けた衝撃に比べれば大人しい印象の作品。女たちから見た新選組、というテーマは面白いが、新選組マニアにとってはちょっと作りすぎという感がある。歳さんの恋愛についても、アレでは男性としての魅力は半減だし…。「燃えよ剣」のお雪との恋が切なくて美しかったのは、彼女を愛しいと思う気持ちがキチンと行動に出ていたからだ。「燃えよ剣」ではクラクラするほど色っぽくてカッコ良かった歳さん。それが本作では、なーんか煮え切らなくて弱音を吐いたりしちゃって、頭がいいだけで恋愛にはからきし不器用な男って感じでイマイチだった。まぁそこが人間らしくてイイと思う人もいるのでしょうが…。彼の存在は、糸里という女を魅力的に見せるための小道具に過ぎないのだなという印象。そして糸里の存在が後の土方に多大な影響を与えたのだ、という設定もしかり。果たしてその効果が充分にあったのか?については、私個人としては甚だ疑問だが。
まぁコアな新選組マニアが読むとちょっとガッカリする所もあるかもしれないが、知り尽くしたと思っていた隊士たちの新たな一面がかいま見れる作品でもある。芸妓という職業や京文化の華やかさについて興味がある人なら興味深く読めるのではないだろうか。

輪違屋糸里 上輪違屋糸里 上
(2007/03)
浅田 次郎

商品詳細を見る


輪違屋糸里 下輪違屋糸里 下
(2007/03)
浅田 次郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
浅田次郎さんの「輪違屋糸里」を読みました。 輪違屋糸里(上)・(下)著者:浅田次郎出版社:文藝春秋サイズ:文庫ページ数:366p発行年月:2007年03月文久三年八月。「みぶろ」と呼ばれる壬生浪士組は、近藤勇ら試衛館派と、芹沢鴨の水戸派の対立を深めていた。土方歳..
2007/06/30(土) 20:12:16 | NoStory,NoLife
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。