HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電子の星~池袋ウエストゲートパーク4/石田衣良
最近はテレビのコメンテイターなどで姿を見かける事もある石田先生は、自他共に認める音響マニアである。以前「サンクチュアリ/大人の聖域」という深夜番組に出演した時には、自宅にある320万円もするオーディオシステムを披露していた程。そんな先生が描く小説の主人公は、池袋のトラブルシューターでありながら好きな音楽はクラシックという設定だ。昨今のクラシックブームの立役者は間違いなく石田先生であると解説者は言う。まぁ間違いではないかもしれないけど、『のだめカンタービレ』の方が影響大のような気も…。とにかく、このシリーズは音楽と深く密接した世界観で描かれているのだ。前作で激しいレイブの世界を描いた次のお題は、ジャズである。
 『東口ラーメンライン』は、拒食症の少女と池袋東口で繰り広げられているラーメン戦争の模様を描く。そう、これはドラマ『池袋ウエストゲートパーク外伝~スープの回』に使われたモチーフ。前作の宮藤官九郎のあとがきでもこの事は紹介されていたので、楽しみにしていたんだよね。物語は大したひねりもなく、全くもって普通だったけど…。『ワルツ・フォー・ベビー』は、上野のチーマー、トシヒロの死の真相を探る物語。ビル・エヴァンス・トリオの「ワルツ・フォー・デビー」というジャズのメロディが切なく響く。子供には親に見せない顔がある。それを知らずに真実を追い求めて行った結果、待っていたのは今の幸せをも壊してしまう程のツラい現実だった。「ワルツ・フォー…」の原曲を知っていたら、もっと良かっただろうな。
 『黒いフードの夜』は、違法デリヘルで売春をさせられているビルマ人少年の話。88年にビルマで起きた民主化運動に関わった少年の父が抱える闇。そこから逃れようとする少年を助けるためにマコトがある作戦を考える。警察やGボーイズのキングことタカシを巻き込んで打つ大芝居はいかにもIWGPっぽいけど、ビルマの刑務所での拷問シーンとか少年売春とか、何とも心が寒くなるモチーフの作品だ。『電子の星』は人体損壊というものすごいインパクトの映像にまつわる物語。山形のネットおたくから「池袋でいなくなった親友の行方を捜して欲しい」という依頼を受けたマコトは、いなくなった親友の部屋で背筋が寒くなるような映像を見せられる。それは透明のシリンダーを模した舞台の上で、身体の一部を切断するというショウを映したものだった。ショウに出演した後に自殺してしまった親友の弔い合戦として、マコトが書いた作戦とは?という話だけど、悪者は案外すぐに分かってしまう。それを陥れる作戦も、割と普通。でもその世界観と悪趣味なショウの描写は迫力満点。こんな世界、ホントにあるのかも…と思わせるリアルさが怖い。ヘンタイ産業っていうのは無くならないらしいけど、「人体損壊ショウを観るのが趣味です」なんて彼氏(彼女)はイヤだなぁ。やっぱヘンタイはヘンタイ同士でうまく行っているのに違いない!いや、是非ともそうであって欲しいわ…。
  軽い語り口で、さくさく読める短編集。IWGP ファンなら、もちろん必読。ただ前作の『西口ミッドサマー狂乱(レイブ)』ほどのインパクトがある作品はなかったかな…。あんまり魅力的なサブキャラが登場しなかったのが原因の一つかも。ただ相変わらず先生の描く若者の世界はリアルで、登場人物達が小説の中で生き生きしている。日々変わってゆく池袋の街をリアルタイムに描いているし、先生は密かにしょっちゅう池袋に来てるのかしらん??だったら是非とも一度、池袋の街でお会いしたいなぁ。先生、『東口ラーメンライン』の舞台となった東通りの近くには大きな飲食ビルが出来たんですよ♪変わってゆく池袋の街は、どこでもマコトの舞台になる。それがIWGPの寅さん的な魅力なのかもしれない。次作にも乞うご期待、である。
電子の星 池袋ウエストゲートパークIV 電子の星 池袋ウエストゲートパークIV
石田 衣良 (2005/09/02)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。