HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒い仏/殊能将之
『美濃牛』でデビューを飾った名探偵・石動戯作の二作目。今作はやけに薄いなぁ、前作は京極並みの分厚さだったのに…。と言う漠然とした不安はあったのだが、その不安は見事に的中。やっちゃったね、殊能さん。こりゃイカンよ。そして講談社も本格ミステリとか謳っちゃイカンよ。前作の知的さや巧みさとは無縁の世界だし、ちっとも本格じゃないじゃん!
 それでも最初は身元不明の死体、怪しい天台宗の僧侶、中国からの秘宝など、それなりに本格ミステリの匂いはしていたのだ。目撃者から得た情報を元に、徐々に被疑者が絞られていくという流れも推理小説っぽくて良かった。ちょっと強引な展開かな、と思いもしたが、それはこの本の薄さだったら仕方ないと納得。全く関係ないと思われていた二つの出来事が一人の人物で繋がってゆく辺りは、それなりにワクワクしながら読んだものだ。
 物語が急転するのは中盤から。世界は急激にあっちの世界へ飛んでいく。その章を読み始めた時は、あまりの変化に思わず「夢オチ?」とか思ってしまった。そりゃないよ、殊能さん。それをやられちゃあアリバイも証拠品も何もあったもんじゃないじゃない。それまでの福岡県警の捜査や石動の調査は一体何だった訳?
 続編が出そうな終わり方をしているけど、この世界はもう結構ですわ。この薄さだし、とりあえずお試しでこんな世界はいかがでしょう?てな扱いであって欲しいと心から願う。これまでの精彩さはどこへ行っちゃったの殊能さん~!まぁ相変わらず色んな事キチンと調べてあるなぁと感心はしたけれど。でもそういう登場人物出すのは禁じ手だと思うなぁ、本格ミステリと謳うのであれば。まあ一言で言えば『殺したハズの女が蘇る。しかし殺されたのは双子の姉だった!』レベルのオチ。じっくり構想を練って、次作の完全復活を願いますわ、殊能さん。わざわざ発売日に買いに行ったファンの私をガッカリさせないでね。 

黒い仏 黒い仏
殊能 将之 (2001/01)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。