HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪魔の降誕祭/横溝正史
読み尽くしたと思っていた横溝正史も、今になって新刊が発売されるのでビックリしてしまう。いづれも文庫になるのは初めてのようだが、今回は金田一探偵の様々なプライベートが明かされる貴重な短編集と言えるかもしれない。
『悪魔の降誕祭』は、世田谷区緑が丘にある金田一の事務所で起きた殺人から連続殺人に発展してゆく事件を暴く物語。複雑な家族構成、美しい妻と才気ある美青年、身体的障害を負った不遇の娘、洋館でのクリスマスパーティ、そんな設定の中で起こる殺人事件の犯人は意外にも…というお話。時間と言葉のトリックがキーワードとなる正統派な探偵小説だ。相変わらず青酸カリが普通に使われている所に違和感を感じるが、何故犯人がそんな薬物を手に入れられたのか、という説明も一応されているので無理矢理納得。戦後っつーのはドタバタしていたんだなぁ…と思えば良しとしましょう。そんな事よりも、その犯人の悪魔性というものに強く惹かれた。人間の心の奥底に潜む悪魔を目にしてしまった時の恐怖、それが印象に残る物語。なかなかの秀作なのではないでしょうか。
 『女怪』は、金田一が心を寄せる銀座のマダムに関わる物語。あの野暮天を絵にしたような金田一に「好きで好きでたまらない」と言わしめたマダムの非業な人生を描く。しかしこれはたくさんの“無理”がてんこ盛りの作品だ。検死官をなめちゃイカンよ!…まぁ昔は検死もそんなモンだったのかもね…と思えば良しとするか?うーん、それでもその後の展開にはちょっと疑問が残るが…。金田一のプライベートが吐露されて、今まで見たこともなかったような彼の一面を垣間見れる貴重な一作、とだけ言っておきましょうか。
 『霧の山荘』は、トリックは簡単だけどよく作り込まれた作品という印象だった。避暑に訪れた別荘地で金田一は映画スターの姪から奇妙な話を聞かされる。その真意を確かめるためにスターの別荘に向かった金田一はそこで彼女の死体を発見するのだが、数十分後に現場に行くと死体はキレイに消えていた…という事件。その後、彼女の死体が別の場所で発見されて事件は違う局面に発展してゆくのだが、小さな証拠品と犯人が知り得なかった事実から事件の全貌を解決した金田一。これも探偵小説の楽しさが存分に味わえる作品だ。これと似たようなトリックを使った作品は現代ミステリでもよく目にする。それをもっと大規模にしたのが綾辻行人の『黒猫館の殺人』ではないだろうか。この作品はトリックに荒さが目立つ綾辻作品の中でもなかなかに優秀な作品。併せて読むと面白いかもしれないな。
 私は一人の探偵が次々と事件を解決してゆくシリーズものはホームズ以外あまり好きではなかったのだが、それを覆したのが金田一耕助である。彼の朴訥とした人柄からは想像もつかない頭脳の明晰さと、たまに失敗してしまう人間らしさ、敢えて犯人に逃げ場を与える優しさを併せ持つ人間性に、愛さずにはいられないような愛嬌を感じるのだ。『悪魔の降誕祭』は、そんな金田一の性格が存分に活かされた物語。彼を愛する読者なら、読んで損はないでしょう。
悪魔の降誕祭 悪魔の降誕祭
横溝 正史 (2005/08/25)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。