HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
王妃マリー・アントワネット/遠藤周作
私は少女マンガが大好きである。実家に置いてあるものも数えると、500冊は優に越えているのではないかと思うほどのコレクターだ。そんな私の原点になったのが『ベルサイユのばら』。あのマンガがなければ、今日の私はなかったと言ってもいい。一語一句全てのセリフを覚えてしまう位、何度も何度も読み返したものだ。四つ年下の妹も、同じく『ベルばら』の洗礼を受けて育った。そんな妹が貸してくれたのがこの本。こちらもマリー・アントワネットを題材にしたフィクション物だ。これはやっぱり『ベルばら』と切り離しては考えられないんである。
 当たり前だがこのお話にオスカルはいないし、アンドレもいない。その代わりにサド侯爵や詐欺師カリオストロなど、違うところで知ってた人物が登場して物語を盛り上げてくれる。この物語のもう一人の主役は、少女マルグリット。彼女は実在しない人物であるが、彼女の存在がこの物語をよりドラマティックに仕立てているのだ。孤児だった彼女はパン屋のおばさんに引き取られて、こき使われる毎日を送っていた。そこで彼女はフランスに輿入れしてきたアントワネットの姿を垣間見る。同い年のあの女は豪華な馬車に乗って町中の人々の祝福を受けていると言うのに、この違いは一体ナニ?そんな憎悪がサド侯爵の脱獄や首飾り事件、やがてはフランス革命といった、彼女が関わってゆく全ての事件への原動力となってゆくのである。
 『ベルばら』ではフランス革命の序盤でオスカルが死んでしまってから先はかなりあっさりと描かれていたが、このお話はそこから先が長い。お陰でこれまであまり気にしていなかった王党派貴族への虐殺や革命を推進した各党の確執など、かなり生々しい事件を知る事ができた。そう考えると、アントワネットはやっぱり悲劇の王妃である。ベルサイユ宮殿を追われてからギロチンにかけられるまでの10年間、彼女はどんな気持ちで暮らしていたのかと思うと胸が痛い。そして革命という名の下に、暴力で欲望を満たす愚かな民衆たち。人間の本質なんていつの時代も変わらないんだなあと思う。いつの世も、マジョリティの意見を優先するためにスケープゴートは必要だって事なのだ。
 『ベルばら』もこの本もお互いフィクションであるので、細かい設定や事件の背景などが違うのは当たり前だ。しかしフェルゼンとアントワネットの関係については、一体どっちが本当なんだろう…?なんて気になってしまった。『ベルばら』では彼らは王妃が幽閉されていた宮殿で、最初で最後の契りを交わす。それがマンガを読んでいた頃は切なくて嬉しくて、何ともしみじみした気持ちになったものだが、この本では彼らは一生プラトニックな関係を保ち続けるのだ。出逢ってから19年間も一人の女性を愛し続け、プラトニックな関係の彼女が死んだ後も生涯独身を貫いたフェルゼン。まあ人それぞれだからいいんだけどさ、それを純愛と呼ぶか偏執と呼ぶか。それはかなり微妙な所なんじゃないかな~なんて私は思う訳なんである。

王妃マリー・アントワネット (上巻) 王妃マリー・アントワネット (上巻)
遠藤 周作 (1985/03)
新潮社
この商品の詳細を見る


王妃マリー・アントワネット (下巻) 王妃マリー・アントワネット (下巻)
遠藤 周作 (1985/03)
新潮社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。