HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地下鉄(メトロ)に乗って/浅田次郎
最近『シェエラザード』を読み返していたので、他の浅田作品も読みたくなって探した本。あらすじを読むと好みではなかったのだが、映画化もされるようだし一応チェックしとくか、という軽い気持ちで読んだら、やっぱりイマイチだった…(笑)。タイムスリップはいかん!そんな事が出来たら、世の中の不思議が理路整然と説明できないではないか。まぁそういうファンタジーが理解できる人ならいいんだろうけど。
父は一代で築き上げた一流企業の社長。弟は父の会社で働いているが、自分はそんな家に反発して、小さな下着メーカーの営業マンをしている。彼には兄がいたが、父とケンカした夜に自殺した。そんな中、主人公の真次は地下鉄の通路を歩いているうちに、いつの間にか30年前にタイムスリップしてしまう。それは、兄が自殺する日の夜だった…。という序章から、徐々に昔の時代に遡ってタイムスリップを繰り返す真次。そして若い頃の父に出逢い、彼に対する意識も変わっていく。過去で意外な事実が明らかになった後、現世に戻った真次が見たものとは?
という物語なのだが、終盤に明らかになる“意外な事実”は、予想通りだった。別に隠しておくつもりもなかったようだけどね。時代を遡ってタイムスリップするので話が分かりづらく、なーんか明らかになってない事があるような気がしてならないのよねぇ~。父の子供時代のエピソードには何か含みがあったんだろうか…。エピソードが盛り沢山な割に、スッキリしなくて気持ち悪い感じだ。
それはやっぱり、みち子(=愛人)との関係が納得できなかったからだろうと思う。不倫してる男が主人公って設定は女性の共感を得るのは元々難しいのに、真次は“ちょいダメ男”であまり魅力的ではない。まぁ浅田作品に出てくる主人公って“ちょいダメ男”が多い気がするけどね。いづれにしても「思わず涙がこぼれ落ちる感動の浅田ワールド」は、タイムスリップというあり得ない設定の上に成り立っている。それを乗り越えられた上で、みち子との関係を良しと思えれば受け入れ可能って感じかな。
しかし映画のキャストは真次=堤真一、アムール(真次の父)=大沢たかおってのが笑った。この二人…雰囲気似てるよね??
地下鉄(メトロ)に乗って 地下鉄(メトロ)に乗って
浅田 次郎 (1999/12)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。