HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LAST/石田衣良
石田先生の文庫本には「文庫版あとがき」が入っている事があって、それが愛読者にはとても嬉しい。今回は各作品に対する思いとかその作品を書いていた時の自分の状況などが書かれていてとても面白かった。特に先生が『4TEEN』で直木賞を受賞した時のドタバタぶりが何か微笑ましい。当時1時間おきの取材が1日6件もあり、そんな日が週に3日もあって大変だったと言っているが、今はひと月に取材が40件もあるんだそうだ(笑)。何故、と言うけどそりゃ先生、あなたのスノッブでソフィスティケイトな雰囲気と、作品の持つバイオレンスや堕落というキーワードとのミスマッチに惹かれてしまうのではないでしょうか?間違いなく、私もその一人なんだけども。
  「LAST RIDE」は町の製本会社を営む男が、悪徳な小切手金融に借金を肩代わりされて破滅してゆく物語。家族を売るか自分の命で借金を清算するか迫られた男の決断の行方は?というテーマだ。いつも最後にスカッとした結末を用意してくれる事の多い石田先生の物語にしては何かモヤモヤする終わり方。でもそれが逆にとても好感が持てた。物語には希望とか絶望とか、いろいろな結末があっていいよね、と思わせる作品だ。「LAST JOB」は住宅ローンに追われる妻が出会い系サイトで身障者と知り合う話。身障者のセックスをリアルに描いているが、それぞれが抱える問題や悩みが巧くリンクしていてちょっと切なくなる。「LAST CALL」は軽い気持ちでテレクラに入った男が衝撃的なシーンを迎える物語。先生はホント風俗に詳しいな~。テレクラってそういうシステムだったのか、と勉強になりました(笑)。でもホラーな結末は、かなり好み。
 「LAST HOME」は上野のホームレスを題材にした物語。私はホームレスには同情できないと思っていたけど、その原因は人によって様々だしその暮らし方は意外と秩序が保たれているようだ。作者が気に入っているというミチヨ、これの性別が何度読んでも良く分からなかったんだけどね…。「LAST DRAW」は盗難通帳から金を引き出す“出し子”をモチーフにした作品。 こんな簡単にお金って引き出せるものなのか、と思ったけど当時は銀行のチェックもこの程度だったらしい。『溺れる魚』の小気味いいラストのような軽快な終わり方が良かった。「LAST SHOOT」はヴェトナムのニャチャンを舞台にした少女売春の話。少女売春なんて悪趣味な、と思うけれど変態には変態の悩みがあるものなのだなぁという事を学んだよ。しかし少女の膣を大きくする漢方薬が実在するという話にはビックリ。かなり衝撃的なラストにもビックリだ。「LAST BATTLE 」は借金から身を持ち崩して街の看板持ちとなった男の物語。実際ヤクザの抗争にロシアンルーレットが使われる事なんてないだろうけど、「いや、もしかしたらあるのかも?」と思わせてしまう構成が秀逸。あんな事しちゃって、彼のその後が気になる物語だ。
  これまで読んできた短編集の中でも一位二位を争う面白さ。石田先生のテイストが存分に活かされた作品ばかりだ。物語はここまでコンパクトな文章量でも充分面白いものになるのだ、というお手本のような本。引き算の美学、みたいのを感じたなぁ。京極先生にもその手法を是非学んで欲しいと思うような傑作。石田先生ファンなら必読、短編好きの人は要チェック、社会派ミステリ好きにもお薦め。リアルとフィクションというのはこういう狭間で表現するとエンタテイメントになるのだという見本のような短編集、世のクリエイターに是非読んで欲しいと思う一冊だ。
LAST (ラスト) LAST (ラスト)
石田 衣良 (2005/08/12)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。