HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜の記憶/トマス・H・クック
トマスは初めての作家である。“2000年このミステリーがすごい!7位”という帯の煽りに惹かれて買ってみた。全くノーチェックの作家だったのだが、めちゃくちゃ気に入ってしまった。物語の構成が巧い。人物の書き込みが巧い。思わぬどんでん返しにも大満足。血みどろと狂気、それでいてめちゃくちゃ切ない気持ちになる、まさにストライクゾーンな作品だった。何故今まで知らなかったんだろう?ミステリ傑作ランキングに3年連続ベスト10入りの実力派というベテラン作家のようなのに。
 推理小説として一級品でありながら、人間の心の暗い部分、悪意と策略という心理的な側面を見事にフィックスさせた所がスゴい。主人公がミステリ作家という設定も効いている。章の始まりに挿入されている文章は全て主人公ポールの作品からの引用となっている。その文章が深いのだ。彼が幼い頃に経験した事件、彼が封印してしまった記憶と照らし合わせて考えると、彼の苦しみがひしひしと伝わってくる。
 最後のどんでん返しで真実が明かされた時、かなりツラい気持ちになる事だろう。でもラストで新たな目的を見つけた彼らを見ると、ちょっぴり救われる。続編の予感がする終わり方…是非とも読みたいものである。あのままで終わられては何か夢見が悪い。この物語では二つの真実が明かされる。真実を知りたいという好奇心と知りたくなかった真実の存在、そんな事を考えさせられるストーリーだ。
 しかしこの本の“あとがき”は最悪だった。“あとがき”は作品の価値を左右する重要なファクトだ。この作品の“あとがき”は見事に価値を下げているね。延々と作品のあらすじを説明している“あとがき”なんか読者は期待していないと私は思うのだが…。唯一評価できるのは「この作品は気の弱い読者には勧められない」という書評を紹介してくれた事かな。この言葉は、この作品が秘めている深い闇の部分をうまく表現していると思う。それくらい、明かされた真実は重たい。恐怖が人の心をどのように支配するのか。そこに介在するどす黒い悪意を感じた時、対人恐怖症になってしまってもおかしくないようなツラい気持ちになる事でしょう。
夜の記憶 夜の記憶
トマス・H. クック (2000/05)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。