HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バグ/松岡圭祐
『催眠』や『千里眼』シリーズで有名な松岡圭祐の作品。これは『催眠』の後に書かれた著者の長編第二作目らしい。私の所属するゲーム業界が舞台だったので、思わず手にとってしまった。エンターテイナーの松岡がゲーム業界をどんな風に描いているのか?楽しみ半分、不安半分って感じである。
 そしてその不安は見事的中。て言うか、まず大人気ゲームの名前が「アクセラ」ってのが大笑いだ。それを知って思わずこの本をレジに持っていってしまったと言っても過言ではない。これは3Dタイプのパズルゲームなのだが、シリーズ3作目までで総数三千万本を売り上げたのだそうだ。シリーズって言っても全て同じシステムのパズルゲーム。『テトリス』をモチーフにしているのは間違いないけど、いくら何でも三千万本はふかし過ぎだろう。しかもアクセラマークってのが小中学生に大人気で、文具や飲料などのタイアップ商品を出している会社は200社にも及ぶ…らしい。第一「アクセラ」を動かすハード「プロシード」に契約しているサードパーティの数が46社ってのは少なすぎだ。上記の提携会社の数と逆なんじゃなの?って感じ。てな具合に、ゲーム業界人なら突っ込みまくりの作品なんである。
 物語の方は、小学生の自殺未遂事件から始まって、津久井に対する疑惑、ライバル会社の陰謀、桐生の家庭事情などのトラブルを経て、意外な真犯人が発見されるまでを描いたミステリ。それぞれのピースが全てパチッとはまって終了するが、肝心の自殺未遂の動機だけはイマイチ分からなかった。おまけにねぇ、全国に広がった小中学生の事故の原因っていうのが笑っちゃうのだ。ネタばれになるので詳しくは言えないが、普通分かるって、あんな事したら!著者はお酒飲めない人なのかな?なんて思ってしまいました。
 一般の人はゲーム業界をこんな風に見てるんだなぁ、としみじみ。テレビドラマ『ビューティフルライフ』を見た美容師の友人が「あんな事実際にはあり得ないよ!」と言ったのを思い出してしまった。上記で触れた点以外にも突っ込み所は満載である。リアルとフィクションの狭間ってのは本当に難しいものだ。この本を業界人じゃない人が読んでどう思うのか、是非とも聞きたいものである。違和感なく読めたなら、アナタは業界人じゃありません!と言い切っても良いでしょう。
バグ バグ
松岡 圭祐 (2001/08)
徳間書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。