HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
R.P.G/宮部みゆき
久しぶりの宮部みゆきの長編。『模倣犯』に登場した武上刑事と『クロスファイア』の石津刑事が再会して一緒に事件を解決していく…のだが、私はどっちもまだ読んでいないんだよね~。『模倣犯』は文庫になったらすぐ読もう。『クロスファイア』は超能力系だからと敬遠していたのだが、これを機に読んでみる事にするよ。石津刑事の降格の理由とか知りたいし。
 場所はとある警察署の取調室。ここで行われた取り調べが物語の全てだ。これは場所と時間が限定された、舞台のような設定のミステリなのである。設定は、いいと思う。新しくて面白い。でもね…タイトルからある程度物語が予想できちゃうんだよね。終盤で明かされる犯人も予想通りだ。それでもドキドキしながら物語を楽しめたのは、宮部みゆきの筆力の素晴らしさだろう。嘘にまみれた設定。どれが本当でどれが嘘か、物語に差し込まれているメール文をちゃんと読んで想像しながらもう一度読んでも面白いだろう。
 宮部みゆきの作品は「何もそこまでやらなくても…」という設定が多い。多聞に漏れず、これもその集大成みたいな物語である。描きたい事が先にあって、それの辻褄合わせのために周りを固めていったような設定。まぁ嫌悪感を覚える程ではないけどね。犯人は分かっているけど、そのために何故あんな事をしなきゃいけなかったのかがイマイチ説得力に欠ける。まぁそんな事言っちゃったら、この物語は成り立たないのだけど。
 作者はあとがきで「地の文のなかに真実ではない記述がある」事を謝っているが、私にはそれがどこなのかさっぱり分からなかった。先にあとがきを読んでいたにも関わらず、である。相変わらず集中力の弱いヤツ。ちょっと悔しいので宮部みゆきのファンサイトのBBSに質問してみたけどレスはナシ。ああ気になる!分かった人がいたら是非教えて欲しいわ。気になったのは、「自分を裏切った人間を決して許さない」という登場人物。私に似た性格なので、その気持ちはよく分かる。でもそこまで強く“負の感情”を保ち続けるにはかなりのエネルギーを消費するはずだ。それを他に向けた方が、エネルギー効率はイイよね絶対!
R.P.G. R.P.G.
宮部 みゆき (2001/08)
集英社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。