HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
200102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200104
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
羊たちの沈黙/トマス・ハリス
言わずと知れた名作を改めて読む。『ハンニバル』を読んだらメチャクチャ面白かったので、その前の作品を読んでみたという経緯である。この作品が発表されたのは今から12年以上も前の事。当時は携帯なんて普及してないし、メールなんてツールもない。携帯があればねぇ~ラストの戦闘シーンであんなに苦労する事もなかったのにねぇ~。
 『ハンニバル』の感想文で「(レクター博士は)私には拘束服着て黒いマスクかぶってる変態オヤジ、みたいな記憶しかないんだけど…。」と書いたが、それは昔見た映画の拙い記憶であった事が判明した。第一マスクは黒くないようだし。本作を読むと、レクター博士がいかに知能の高いスノッブなオヤジであるかが良く解る。そして『ハンニバル』で嫌味な上司だったクレンドラーとの確執も描かれている。やっぱりこっちを先に読むべきだったな、まぁこれからまた『ハンニバル』読み返せばイイ事なんだけど。
 何しろ前作から12年も経っているので、様々な表記が『ハンニバル』の時とは変わっている。まず本作ではハンニバルは「ハニバル」と訳されているし、クロフォードも「クローフォド」になっている。何てったってパソコンの画面が緑色なんだもんね、何だか懐かしい気持ちになってしまった。当時の会社にあった電算機(って呼んでたんだよマジで!)ってスクリーンが緑色だったなぁ。そういう意味で言うと、今だったらもっと迅速に情報が収集できて犯人の身元が割れるんじゃないかとイライラするのだが、まぁそれは言っても詮無い事。時代背景を考えながら読まないとね。
 映画のポスターにも使われた不気味な蛾が、犯人の身元を割り出すきっかけになる。ふさふさとした毛に覆われた禍々しい柄。しかしそれがソリッドな地下室でひっそりと飼われている様は、何とも美しくて何故か静寂を感じさせるのだ。その風景にバッファロゥ・ビルの異常な行動がマッチしていて何とも言えない恐怖感を煽る。全体的にあまり色彩感のない描写なのだが、それだけに不気味さが増すのである。これを読んだら、『ハンニバル』が読みたくなる事必至。映画は原作とラストが違うらしいので、やっぱり映画を観る前にもう一度読み直す事にしよう。そして4月2日に放映される映画版『羊たちの沈黙』もエア・チェックする事にするよ。

羊たちの沈黙 羊たちの沈黙
トマス ハリス (1989/09)
新潮社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

デスペレーション/スティーヴン・キング
「絶望」という名の寂れた鉱山町、デスペレーション。巨大な体躯の警官が狂気を帯びた言葉を吐きながら人々を拉致してゆく様子で始まるストーリーで、しょっぱなからかなりイっちゃってる。イカれた警官が台詞の最後に必ず「タック!」という意味不明の単語を入れるのが怖いよぅ~。まぁタックの意味は追々分かってくるんだけど。何故か徐々に身体が崩れてくる警官、最後のマリンヴィルを拉致した時はくしゃみをしながら口から血だの内蔵だのを吐きまくる。このシーンは流石に食事しながらは読めなかったなぁ、久々に匂い立つ血のイメージってのを味わったぞ。
 この本はリチャード・バックマン名義の『レギュレイターズ』と対になっている。どちらの表紙も藤田新策さんが描いていて、上下巻を横に並べると一枚の絵になるという仕掛け。対と言ってもサイドストーリーという内容ではなく、登場人物の名前が同じというだけの設定だ。しかし『レギュレイターズ』はかなりハチャメチャなストーリーなので、あんまり好みじゃないかもしれないなぁ。バックマン名義の本は本家キングよりもスピーディな展開で文体もシャープで好きなんだけど。特に『痩せゆく男』は面白かったなぁ、シニカルなラストがすごく印象に残っている。
 特殊な力を持った子供が悪に立ち向かっていくという設定は、昔の『トウモロコシ畑の子供たち』や『呪われた町』を彷彿とさせる。形のないもの、悪霊の類にスピリチュアルな力で闘っていく…ハッキリ言って好みじゃない設定なのだが、徐々に悪の正体が分かってくるストーリー構成が気持ち良くて、ぐいぐい引き込まれていく。そこら辺がキングの巧みなところで、私の好きなところ。ちょっと意味分からない系でありながらも切ないラストが泣ける。何もそこまで辛い思いをさせなくても、と思ったりもするけど、そうしてデヴィッドはオトナになってゆくのね。
 今回のあとがきには解説という形でこれまでのキング作品のリストが紹介されている。また、キング作品の作風の流れなども分析されていてかなり面白い。キング作品は1974年のデビュー作『キャリー』から2000年末までの間を三期に分けて見る事ができるらしい。第三期の始まりは96年の『グリーン・マイル』から始まるが、この作品は第三期に分類される作品群とは明らかに作風が違う。子供とモンスターと言うテーマは第一期のものだ。キングも回顧主義になっちゃったの?なんて考えると、ちょっと淋しいようなガッカリしたような。何と言っても新作は“娘に捧げる正統派ファンタジー”らしいからなぁ、う~んこれは…。ま、その前に『レギュレーターズ』を読んでみようかな。やっぱ私はキング大好きなんでね。

デスペレーション〈上〉 デスペレーション〈上〉
スティーヴン キング (2000/11)
新潮社
この商品の詳細を見る


デスペレーション〈下〉 デスペレーション〈下〉
スティーヴン キング (2000/11)
新潮社

この商品の詳細を見る

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。