HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奪取/真保裕一
織田裕二主演で映画化された『ホワイトアウト』の作者と言う事で、初めて読んでみた真保裕一。初めての作品が『奪取』とは、我ながら渋い選択だったと思う。て言うか、どうせ読むなら『ホワイトアウト』にすれば良かったよ…。破天荒なストーリー、でたらめな展開、そして魅力のない登場人物たち。上巻を読み終わった時点で下巻は買わないぞ!と思っていたのだが、職業柄つい気になって読破してしまった。何かちょっと悔しい。
 何が気になったのかと言うと。それはこの作品で事細かに説明されている印刷の知識だ。偽札造りと言えば、印刷である。宣伝部員の私と印刷、出版社と印刷は切っても切れない間柄。印刷の世界に携わって10年、どんな専門知識もドンと来い!みたいな気分で読み始めたのだが。さすがに紙幣の印刷はめちゃくちゃ難しかった。紙幣っていうのは、その国の印刷技術の粋を集めた最高の印刷物なのである。実際に印刷所を見学した事のある私ですら想像、理解するのに必死だったのだ。印刷の知識がない人が読むのはかなり辛かったんじゃないかなぁと思うぞ。
 彼らの最初のターゲットは、ATM。機械をだまして偽札を両替し、現金を手に入れようという大胆な計画である。実際に彼らが大金を手にするまでの間、物語は延々とコンピュータとスキャナの説明に費やされる。この作品が発表されたのは1996年、当時のマシンの性能はメチャクチャお粗末だ。今ならもっと簡単に偽札が造れそうだねっ!この辺のくだりはコンピュータの知識があった方が理解が早い。dpiとか色調補正とか、Photoshopを使った事のない人にはちんぷんかんぷんかもね。
 その後、名前を変えて印刷会社に就職した道郎は、新たなパートナーを得てより精密な偽札造りに挑戦する。ここから先は、製紙と印刷工程の知識が満載だ。スクリーン線数と解像度の違いとは。三大版式の意味とそれぞれの特徴とは。我が企画宣伝局員の若者に是非とも読んで欲しいと思うような一冊。でも物語の結末は、何ともお粗末。これは“やっちゃった”系のオチだと私は思うのだが…。作者はあとがきで「連載時とは物語が変わってしまったが、こっちが当初の目論み」と言っている。新聞連載時の結末はどんなだったんだろう。そっちの方が気になるけれど、少なくとも本のカバーにあった「ユーモアあふれる筆致」とは程遠い作品だった事に違いはないだろう。印刷の知識以外では何一つ楽しむ事のできなかった作品。…やっぱ『ホワイトアウト』から読めば良かったな…。
奪取〈上〉 奪取〈上〉
真保 裕一 (1999/05)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。