HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自殺の丘/ジェイムス・エルロイ
ロイド・ホプキンズ刑事シリーズ三部作のラスト。前作のラストで虚偽の証言をしたため、ついに彼は警官としての最後通告を出される。そりゃそうだわ、あれだけ破天荒な捜査してれば目もつけられるわな。やる事やってるからいいじゃんか、では通用しないのが社会人である。ま、フィクションだからそれくらいのおてんばぶりで丁度いいのかもしれないけど。頭脳明晰なヤツほどやっかいだよね、良くも悪くも。
 このシリーズは回が進むにつれいろんな人の思惑がごちゃまぜになってきて、ロイドが何をしたいのかが段々わからなくなってくる。複雑になった分、最後の爽快感が損なわれているんだよね、最初の『血まみれの月』がものすごく叙情的で美しかっただけにちょっと残念だ。今回は特に何でロイドがあんな片づけ方をしたのかイマイチ分からなくて、何度も前の部分を読み返してしまったわ。犯人も終いにはコワレてっちゃって、最初の知能ぶりも台無しな設定。キーマンが限定されちゃってたから、犯人が割れるのも時間の問題だったし。前作ほど先読みする犯人でも興ざめだけど、シリーズラストだったらもうちょっと知的な犯人と対決して欲しかったな。
 一作目で明かされた15年前の殺人事件が、今回のラストに大きな影を落としている。シリーズが進むにつれ彼のトラウマってどうでも良くなってきているね。女好きっていうエピソードも、ラストでは全く登場しないし。そこら辺がシリーズとして物足りないところだ。作品ごとに主人公像が違うので、感情移入できないんだよなー。前も言ったけど、外見が好みじゃないのも原因の一つだと思うが。
 私はやっぱりどことなく切ない余韻を残すようなミステリが好きだ。考えてみればエルロイって、警察の不祥事を扱った作品が多い作家である。言うほど好きじゃなかったのかもしれないなあ。今回の作品では、もう一人の敵が抱える殺人事件の記憶がちょっぴり切ないエピソードになっている。ま、あれを切ないと思うかどうかは読み手のセンスだと思うけど…。そう言えばこの作品は、スティーヴン・ハンターのシリーズにちょっと似てる。ハンターの方がシリーズものとして完成されていたけれども。もうちょっと時間をおいてから読み返すと、また印象が違うかもしれない。一応、我が家の書庫にストックしておくことにしよう。読む時はシリーズの最初から、ね。
自殺の丘 自殺の丘
ジェイムズ・エルロイ、ジェイムズ エルロイ 他 (1990/12)
扶桑社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

ホプキンズの夜/ジェイムス・エルロイ
『血まみれの月』に続くロイド・ホプキンズ刑事シリーズの第二弾。相変わらず破天荒な仕事ぶりで周囲の反感をかっているロイド。女好きも、相変わらず。違法行為炸裂の捜査で見事に事件を解決した彼だが、今回はちょっとやりすぎかな~って感じ。彼のトラウマに触れるような現象もなかったのにね!?あとがきを読まなかったら、“大きな音に弱い”という彼のトラウマなんて忘れてしまうところだったわ。
 彼は背が高くて体格がいいハンサムという設定である。だから女にもモテる、と言うのだがそれがどうも想像できなくて困るんだよなぁ。体格のいいハンサムって、俳優で言うとどんなタイプなんだろう…。少なくとも私の好みじゃないから、思いつきもしないや。
 これも前作同様、犯人と刑事の話が同時進行しているスタイルである。今回の敵もかなりの知能犯。ロイドがいつその策略に気づくのか、ハラハラしながら読んだ。前作よりもかなり近くにいる人物だったし、かなり彼に騙されていたからね。その辺の判断力が、魅力的な女性の出現で鈍ってしまうあたりも相変わらずだ。やれやれ。どうやら私は彼のことがあんまり好きじゃないようだわ。それはやっぱり彼の見た目が想像できないせいのような気がするんだけど…。
 今回登場する絶世の美女は、思った通りしたたかな悪女だった。やっぱ美女はそうじゃなくちゃね!そのしたたかぶりが馳作品の女性みたいに行き過ぎだと冷めちゃうんだけど、リンダはラストでドカーンと悪女ぶりを発揮してくれたので気持ち良かった。でももうちょっといろいろ仕掛けてくれた方が楽しかったかな。それまでがのらりくらりとしているので、物足りない感じだ。て言うか、今回は全体的に物足りない造りだった。仕掛け、策略、登場人物の過去などの全てのファクトが中途半端。ロイドシリーズは次作の『自殺の丘』で完結するらしい。もちろん、現在進行形で読んでいますよ。その次の新作『キラー・オン・ザ・ロード』も買いましたよ。しばらくはエルロイ作品にじっくりつきあっちゃおうかな。意外と読むのに時間かかるんだけどね。
ホプキンズの夜 ホプキンズの夜
ジェイムズ エルロイ (1990/07)
扶桑社
この商品の詳細を見る

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

血まみれの月/ジェイムス・エルロイ
『ブラックダリア』以来久しぶりのジェイムズ・エルロイ。『BLOOD ON THE MOON』という原題に惹かれて読んでみた。そしたらメチャクチャ面白かった。やっぱ好きだわ、エルロイ。映画版『LAコンフィデンシャル』はデタラメな作品だったけど、原作は面白かったし。これはロイド・ホプキンス3部作の第一弾らしい。これは全シリーズ読むしかないでしょう!
 エルロイ作品には必ずトラウマを抱えた主人公が登場する。ロイド刑事も幼い頃に大変な経験をしたがために、大きな音や音楽に対して拒絶反応を起こしてしまう。しかしそれがラストシーンでは…というオチは王道。身長2メートル、見た目が良くて女好きな主人公、それでいて頭脳明晰。そんな彼の天賦の才能を見抜き、尊敬し理解しつつ彼を助ける昔のパートナー。そんな設定も王道。でもじわじわと犯人を追いつめていくスリル、犯人の狂気ぶりがめちゃくちゃ高価なスパイスになっているって感じだ。血みどろ、狂気、頭脳明晰、胸キュンな恋愛感情。私がハマるキーワードてんこ盛りな一冊なんである。
 これは犯人が先に分かっていて、それを警察が追いつめていくタイプのストーリー。これまで決して捕まる事はないと安心していた彼が、ロイドの頭脳によって初めて挫折するのだ。その過程に出来過ぎ感やご都合主義っぽい匂いが一切しない、正統派の推理小説。ただ今回のキーワードは「詩」。それだけに作中には何度も詩が登場するのだが、日本語に訳すとどうもね…。多分原文では韻を踏んでいたり、スラングとひっかけてあったりするんだろうが、そういう作者の狙い所が全然つかめなかったのが残念だ。原文も一緒に掲載してくれれば良かったのに。もちろんそれを読み解くほどの英語力は持ち合わせていないんだけども。
 車やオーディオなど、さりげない所でマニアックな小道具が使われていてちょっぴり嬉しい気分になれる作品。『ブラックダリア』事件もちらっと登場する。いろんなロスアンゼルスの顔が見れるのもロス好きな私には嬉しい舞台設定だ。やっぱ頭脳明晰な主人公はいいわ~。女好きにも程があるぞって思うけど。こんな旦那は欲しくないけど。光や音、色などの感覚を楽しめる作品。叙情的なエンディングもマル、である。
血まみれの月 血まみれの月
ジェイムズ エルロイ (1990/07)
扶桑社
この商品の詳細を見る

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。