HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オデッサ・ファイル/フレデリック・フォーサイス
以前この本を読んだ頃、私はドイツにかぶれていた。ドイツが好きで好きで、いづれは絶対ドイツに住むんだと密かにドイツ語の勉強なんかもしていた。しかし『アンネの日記』には、かなりへこたれた。ナチスが行った非道で身勝手な政策の数々。しかしそんな時代の中で、国防軍として本当に国のためにと戦った人たちもいたのだ。そんな人たちにSSはどんな事をしたのか?老人の日記には、彼らが同志に対して行った行為も書かれていた。そんな彼らを救う組織が世界で暗躍している、という事実に基づいて書かれたのが本書である。この本を読み終えた時、どこにぶつけたらいいのか判らないような虚しい怒りを感じてしまった。
 物語はエジプトのロケット計画と、ミラーのロシュマン追跡劇とが平行して進んでいく。エジプトのロケット計画に深く関わっているナチス残党と、ロケット開発を阻もうとするイスラエルの組織。それらがオデッサという組織に繋がり、ひいてはミラーが発見した日記によって追われる事となるロシュマンに関わってゆく事になるのだ。事実とフィクションが渾然一体となって進んでいくフォーサイスならではのスリリングな展開。当時の世界情勢とそれぞれの力関係が分かっていた方がより楽しめるが、私のように知識ゼロの状態で読んでもそのスケールの大きさと素晴らしい着眼点に圧倒される。ストーリー上それはちょっと無理があるんじゃあ…と思われるような設定も、気にならないくらいだ。
 その無理めな設定も、なぜミラーがロシュマンを執拗に追跡するのかが分かると納得できる。あまりに狂人じみたミラーの行動に一時は引いてしまったが、理由がわかればキレイにまとまるというものだ。ちょっと皮肉な終わり方もイイ。そしてナチスという負の遺産を背負った次の世代のドイツ人の苦悩は、日本人である私たちにも通じるものがあって心が痛い。
 フォーサイスの作品が気持ちイイのは、全てがハッピーエンドではないところだ。ハリウッド映画のように何もかも丸く収まって善が勝つ、なんて現実ではあり得ない。諦めに近い絶望感と、それでも悪は裁かれるのだという期待感をうまく織り交ぜた終わり方に余韻が残る。善を悪が追っていくという追跡劇にハラハラしながら一気に読める社会派小説。フォーサイス作品に出てくるヨーロッパの名車たちをネットなどで追跡してみるのも面白い。
オデッサ・ファイル オデッサ・ファイル
篠原 慎、フレデリック・フォーサイス 他 (1980/05)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

戦争の犬たち/フレデリック・フォーサイス
昔は戦争ものはあんまり好きじゃないから…と敬遠して読んでいなかった『戦争の犬たち』。多分学生の頃読んでも、理解できなかっただろう。何しろクーデターを起こすまでの描写は専門用語だらけ。『レインボーシックス』などである程度予備知識がある今読んでも結構大変だった。武器などの軍事用語だけではない。ジェームズ卿の陰謀は、プラチナを手に入れた後の株対策にまで及ぶ。経済から軍事から、ホントにフォーサイスの知識の深さや計画の緻密さには驚かされる。
 ジェームズ卿はクーデターの実行を傭兵のキャットに依頼する。物語はジェームズ卿の陰謀と、キャットの策略が平行しながら進み、そこにプラチナを横取りしようと考えるソ連の思惑も絡んできて…という展開なのだが、ソ連の介入の仕方がちょっと甘かったかなー。私としてはもっと悲惨なクーデターの結末を想像していたのだが。『オデッサ・ファイル』で使っちゃったからその手はないかな、とも思ったけどね。
 本書を読んでしみじみ思ったのは、「我慢強くなきゃ金儲けはできないんだな」って事と「手先が器用じゃなきゃ悪い事はできないんだな」って事。どっちも私に欠けている資質だ。フォーサイスの作品に出てくる主人公は危ない物や怪しい物のカムフラージュに大層な細工をするのだが、あんなの不器用な私には絶対無理!また計画を実行するにあたっていろんな所に種を蒔いて、芽が出るまでじっと待つなんて短気な私には絶対無理!つまりはそんなお話を考えつく事もできないという事である。フォーサイスは我慢強い人なんだろうなあ…。『ジャッカルの日』の印税で本書さながらのクーデターを計画していたという噂も、あながち嘘じゃないのかも。
 でもやっぱり戦争ものは後味が悪い。罪のない人が国や個人のエゴであっけなく殺されていくのには抵抗があるなぁ。自分に恨みを持ってる人間に殺される、という方がまだしっくりくる。何はともあれ、社会派小説は読むとどっと疲れる。特に本書はいろんなジャンルの情報が満載だったのでとても大変だった。と言いながらも上下巻を1週間くらいで読んだので私にしては早い方だと思うのだが。次はヌルヌルの探偵小説が読みたいなー。同じ考えるなら知識のないところを想像力で補う努力より、仕入れた情報で犯人を想像する努力の方が楽だもんね。
戦争の犬たち (上) 戦争の犬たち (上)
篠原 慎、フレデリック・フォーサイス 他 (1981/03)
角川書店
この商品の詳細を見る

戦争の犬たち (下) 戦争の犬たち (下)
篠原 慎、フレデリック・フォーサイス 他 (1981/03)
角川書店
この商品の詳細を見る

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

ジャッカルの日/フレデリック・フォーサイス
『森博嗣のミステリィ工作室』という本の中に、著者が影響を受けたミステリ作品を100冊紹介するというコーナーがあった。年が近いせいもあるが、私の読書歴とかぶるかぶる。それで懐かしくなって実家の書庫をあさっていた時に見つけたのが本書だ。
 初刷は昭和54年、1979年だから20年以上前の作品である。私が最初に読んだのは大学生の時だった。就職活動の時、面接で「趣味は読書という事ですがどんな作品を読んでいるんですか」と聞かれて「フォーサイスが好きです」と答えたのを覚えている。横溝正史だのシャーロック・ホームズだのアガサ・クリスティだの、純粋な推理小説ばかり読んでいた私にとってこの本は「こんなジャンルの作品があったのか!」という衝撃の一冊だった。それから私はアクションものやスパイものも読むようになっていったのだから、これは私の人生に大きな影響を与えた金字塔的な作品なのである。
 まず追う者と追われる者のスリルがたまらない。フォーサイスの次作『オデッサ・ファイル』も同様の傑作だったが、本書は主人公のカッコ良さが秀逸。大統領の命を狙う殺し屋と言うと妙に暗くて孤独な男を思い浮かべてしまうが、彼は上品な頭脳派である。超一流ホテルで優雅に過ごす楽しみ方を知ってるし、酒場で下手なウンチクたれたりしない。そして地道な泥臭い手法でじわじわと彼を追いつめていくのがルベル警視だ。この対照的な二人の攻防戦に、駆け引きと保身だらけの政治の世界が絡んで物語はドラマティックに進んでいく。そして最後に用意されたサプライズ。今読んでも充分楽しめるミステリである。
 舞台は1960年代のフランス。当時の政治状況を理解していた方が、物語は数倍面白いだろう。あとがきによると、実在の登場人物もたくさんいるようなのだ。恥ずかしながら私は当時のフランス政策など全然覚えてなかったので、ジャッカルが登場するまではちょっとつらかった。第一「なぜドゴールは命を狙われなければいけないのか」が分からない。また他国と陸続きっていう環境は、島国である日本育ちの私にはなかなか理解できない部分もあり。4時間後にウィーンで待ち合わせ、なんて日本じゃ考えられない。イタリアで借りたレンタカーをフランスに持ち込むなんて事もできるんだねぇ。そういう所で育ったら、考え方もかなり違ったんじゃないかと思う。もちろんそれなりの政治的軋轢ってのは日本以上にあるのかもしれないけど。世界を股にかけた暗殺計画、日本人じゃ絶対考えられないプロットに脱帽する事しきりである。
ジャッカルの日 ジャッカルの日
篠原 慎、フレデリック・フォーサイス 他 (2000)
角川書店
この商品の詳細を見る

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。