HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仄暗い水の底から/貴志祐介
映画化もされた事だし古本屋で安かったし。という訳で買ってみたのだが、それまでこの本が短編集だとは知らなかった。映画化されたのは『浮遊する水』というお話なのだが、これだけでよく映画に出来たなぁと感心。まぁ映画の予告篇で見たような、水道から髪の毛が!なんてシーンは小説にはなかったけれども。
 短編集と言ってもプロローグとエピローグがあり、その物語が『海に沈む森』という短編に繋がっているという、短編が一冊となって一つの世界観を確立している造りになっている。完全なホラー作品もあればどこかファンタスティックなホラーもある。どの作品も楽しく、時には切ない気持ちになって読んだ。なかなかの傑作である。
 私はマンションの屋上で子供のカバンが発見される事から恐怖が始まる『浮遊する水』より、東京湾に浮かぶ第六台場で発見した世界を描いた『孤島』の方が好きだ。『浮遊する水』は映画化する程の作品だったろうか?とも思うが、最も映像にしやすいテーマだったのかもしれない。乗客が忽然と消えてしまった高級クルーズ船で味わった恐怖を描く『漂流船』も、映像化しやすい作品のような気もするが。ちょっとしたギミックに楽しく騙された『ウォーターカラー』や、最後にほろっとくる『海に沈む森』などはかなり好きな作品。しかしマルチ商法にハマった夫婦に連れて行かれる『夢の島クルーズ』と突然消えてしまった妻と暴力夫の一日を描いた『穴ぐら』は、読んでてあまり気分のいい作品ではなかった。先が読める展開で、設定も薄っぺらい。まぁホラーの短編集としては大変面白い一冊だったので、全体的には満足だけど。
 物語には全然関係ないところで私が気になったところが一つ。『浮遊する水』では主人公の娘が拾ったカバンにキティちゃんの絵が描いてあったのでそれを欲しがるのだが、母親はそれを「どんなものでも猫ババはいけない」と諫める。そういう教育方針を、亡くなった主人公の母は「融通が利かないねぇ」と顔をしかめるらしいのだが、拾ったものを横取りするのは犯罪である。それを「融通が利かない」という母の方が全くもって理解できないぞ。それとも世間一般的には拾ったものをもらうのは当たり前なんだろうか?ちょっとしたエピソードの一つなんだろうけど、私はどうもそこが引っかかってしまって気持ちが悪かった。編集者が作者にその記述を指摘した上でそのような設定になったのだとしたら、作者の言い分というものを聞いてみたいものだ。
仄暗い水の底から 仄暗い水の底から
鈴木 光司 (1997/09)
角川書店
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

天使の囀り/貴志祐介
 『十三番目の人格-ISOLA』以来、久しぶりの貴志祐介。何となく軽い日本の小説を読みたいな、と本屋を物色している時に見つけたのが本書だ。ずっと読みたいと思っていたのに、何となく機会を逸していたので迷わず購入。初版は平成12年12月だから、1年半も前に文庫化されていたのだが、ずっと前に読んだ『クリムゾンの迷宮』よりも前に書かれた作品だとは思わなかったなぁ。はっきり言って『クリムゾン…』よりも断然面白かった!これぞ日本のホラー!って感じで、大満足の一冊だ。
 まず物語は、高梨が早苗に送ったメールの文章から始まる。これが結構新鮮。メールで近況を報告しながら、状況を読者にも説明しているのだ。ここでの登場人物が後に重大な意味を持ってくるのだが、高梨の視線から彼らの様子が描かれているので公平感がある。ま、一週間に一回くらいのメール交換とは言え、こんなに長いメールを受け取っても読むの大変だけどねぇ。
 物語は早苗と、信一という男性の二人の周りに起こった出来事が同時進行で進んでいく。信一は美少女ゲームにハマっているフリーター。彼がネットでとあるサイトのチャットに参加した事から、自己啓発セミナーに引きずり込まれていく。早苗は高梨が自殺した事を機に、新聞記者や学者と協力しながらアマゾン調査隊のメンバーの自殺事件を追うのだ。それが最終的にどう結びついていくのか…。ここら辺の描写は、かなり怖かった。『黒い家』とは違う、生々しくてグロテスクなシーン。私は、心理的な恐怖よりもこういうドロドロのが好みだけど♪
 しかし自殺者の身元を調べていくシーンや、学者が高梨に面影が似ているという設定がちょっとあざとかったかなって感じ。肝心のモノの正体が解明されるのを読者は心待ちにしているのに、回り道が多すぎてイライラするのだ。しかも科学系の専門用語が多くて説明的。まぁそんな事も気にならない程、プロットがしっかりしていて面白い話だったからいいけどさ。本書の解説もお薦めの一つ。何と『リング』の瀬名秀明が楽しい解説を寄せてくれているのだ、一粒で二倍おいしいって感じ。本書は絶対に損はさせません!「こんな話ある訳ないじゃん」と思わずに、良質のエンタテイメント小説を右脳で楽しめば良いのではないでしょうか。
天使の囀り 天使の囀り
貴志 祐介 (2000/12)
角川書店
この商品の詳細を見る

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。