HOT SHOT! book
月1ペースで読んでいる小説の読書感想文です。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
墜落の夏/吉岡忍
本書は日航ジャンボ機墜落事件についてのノンフィクションである。1.真夏のダッチロール 2.三十二分間の真実 3.ビジネス・シャトルの影 4.遺体 5.命の値段 6.巨大システムの遺言 という章立てで事実を追っている。第一章では、事故が起こった直後からの地上での動きを主に説明している。航空機が墜落したら航空会社はどのような動きをするのか、『沈まぬ太陽』と併せて読むとよく分かるだろう。
 第二章は落合由美さんのインタビューとヴォイスレコーダーをメインに、機内の状況と123便が操縦不能に陥った原因を航空機の構造を説明しながら詳しく解明している。この説明は大変分かりやすく、何故123便がダッチロールという現象に陥ったかが良く理解できた。航空機が何故浮くのか、も良く分かる。私はネットでヴォイスレコーダーを全て聞いた後だったので、そのリアリティは思わず鳥肌が立つほどだった。落合由美さんが病院で夫と会ってすぐ「四人しか…」と言うと夫が「しゃべらなくていいから」と言ったというシーンには、思わず涙が溢れてしまったよ。
 第三章は、123便が大阪行きの最終便の一便前だった事、お盆休み中の便だった事、などの状況から乗客をカテゴライズして、事故の傷跡を追っている。機内で書かれた遺書の全ても紹介されていた。400家族にのぼる遺族達のその後の人生も、インタビューを元に詳細に描かれている。それはあまりに悲しい物語で、乗客の多くがサラリーマンであった事が不幸を増長させた原因にも思える。身を粉にしながら会社のために働いていても、遺書に書かれているのは家族への思いばかりだ。胸が締めつけられる。
 第四章、第五章は遺族達に突きつけられる、辛い現実を描く。特に第四章に描かれた身元特定までのドラマは、かなり辛い。航空機事故の遺体は損傷が激しいと聞いてはいたが、これほどとは…。 身元不明のまま火葬された遺体は、四百数十にも及ぶ。そして最後の第六章で説明されているのは、今回の事故の原因調査についてである。最近の新聞でも「急減圧はなかった」との見方を重要視する記事が掲載されたが、事故調査委員会の調査結果について遺族は未だに納得していない。そこには日航社とボーイング社の思惑が絡んでいる。本来なら非公開であるはずのヴォイスレコーダーがメディアを通じて公開されたのも、関係者からのリークによるものだ。この事件には、まだまだ闇が潜んでいる。あの大惨事を風化させたくない、同じ悲劇を二度と起こさないで欲しいという遺族達の思いは通じているのだろうか。犠牲になった乗客、そして最後まで操縦不能の航空機と格闘したコックピットクルーの事を思うと、深い悲しみと同時にふつふつとわき上がるような怒りを感じる。
墜落の夏―日航123便事故全記録 墜落の夏―日航123便事故全記録
吉岡 忍 (1989/07)
新潮社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

バカの壁/養老孟司
新書界最大のベストセラーである本書。養老先生の事は『NHKスペシャル人体の小宇宙2~脳と心』のガイド役で出演していたので知っていたが、その時の柔和な先生の語り口を知らない人がこの本を読んだら「何て偉そうな事言う人なんだろう!」とびっくりするのではないだろうか。ま、そうやらテレビで見せていた柔和なイメージこそが“造り”だったっぽいけれども。この本は、脳みそのエキスパートである養老先生がひたすら持論を語っている本である。学問書ではないので、この本を読んでも脳みそに詳しくなれる訳では決してない。飲み屋でオヤジの持論をひたすら聞かされてる感じ、そこら辺を踏まえて読まないと「想像と違うわ…」という気持ちになってしまうので要注意だ。
 親友Sが私に「結局親は子供に自分の知ってる事しか教えられないんだよね」と言った事がある。そして私の持論は「価値観や考え方の違う人と語り合っても時間のムダ」である。リンゴを嫌いだと言う人にリンゴの良さを語ったって理解し合える訳ないじゃんと私は思っているので。この書はまさにそういう問題を掘り下げて語った本である。「結局われわれは自分の脳に入る事しか理解できない」と養老先生が言う通り、世の中には知らない事がたくさんあるけれども、人々は興味のない事を脳にインプットしないようにしている。それは何故か?それには教育や社会のあり方に問題があると先生は言うが、それを私たち一般庶民にアツく語られてもねぇ…って感じ。問題提示だけされて、解決法がないんだよね。持論をひけらかす書なんだったら、そこらへんももっと突っ込んで語ってくれればスッキリするのに。
 それでもさすがは脳みそのエキスパート、「脳内の一次方程式」や「ニューラル・ネット」「方向判断の仕組み」の説明なんかは面白かったよ。脳みその先生じゃなきゃ語れない内容だったし。あと「万物流転、情報不変」という定義もなかなか興味深かった。万物は流転するという事を分かっていないオトナが多いのは知っていたが、情報が不変だとは考えた事もなかったので。脳みそ先生の面白いところは、全ての内容について善悪や優劣を決めない事だ。情報不変という定義も、その情報が正しいかどうかは問題ではない。ただ、記録された情報の内容が変わることはないという現象だけを語っている。そこら辺が理系の頭なのかもしれないなぁ~、シンプルで好感が持てるね。
  思考は単なる電気信号の流れから生まれてくるものであり、脳みそは入力と出力しかしない臓器であり、脳を構成している神経細胞は興奮しているかしていないか、どちらか2つの状態にしかない。脳みそを知れば知るほど、ロマンティックとはほど遠い現実に直面する。でもやっぱり人間として生きている以上、絶対に心というものはあると思いたい。あんなに胸が痛くなるような思いを単なる電気信号の流れの結果とは思いたくないと、私は考えてしまうのである。「人間は働かなくても食える状態」が究極の幸せだと感じ、それを実現しようと努力してきたのだという先生の考え方を面白いと思えれば、宗教やテレビや共同体のあり方や一元論というものについても違和感なく読めるかもしれない。私は、極論じゃん?とか思っちゃったのであんまり共感はできなかったけれども。言うまでもない事だけど、「こういう考え方する人もいるのね」くらいの状態で読むならそれなりに面白い読み物かもしれない。私の感想は、「これがベストセラー??」って感じだけど。ま、ロマンティックな乙女にはあんまり向いてない、かもしれないな。
バカの壁 バカの壁
養老 孟司 (2003/04/10)
新潮社
この商品の詳細を見る

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

新選組全史/中村彰彦
いやぁ、すっかりハマっちゃいましたね新選組。この本はS編集長から子母澤寛の新選組三部作を借りる前に読んでいたのだが、この本の中で子母澤作品がよく引用されていたので、三部作を先に読む事にした。つまりこの本は、これまでに多数発表されている新選組のエピソードを新たに検証して発表した最新版の新選組読本なのである。
 新選組隊士個人のエピソードというより、新選組という団体を客観的に見て歴史的事実と照らし合わせながらその実像を解明しようとする造りになっているので、とても分かりやすい。歴史の中で新選組がどのような位置づけであったのかがよく分かる。幕末の歴史についても丁寧に説明されていて助かった~。子母澤作品は歴史的な流れはあまり説明されていないので、初心者はこっちから読んだ方が良いかも。しかし筆者は子母澤が発表した内容にかなり疑問を抱いているらしく、三部作に書かれてある数々のエピソードを批判したり反論したりしているので、子母澤ファンはちょっとムッとする、かもしれないな。
 しかし新選組というのは実在した団体なのだ。沖田総司が美形だとか近藤勇は人斬りが三度の飯より好きだとか、真実をねじ曲げてエピソードや人物を美化してはいけないと私は思う。筆者独自の推理が正しいかどうかは別として、たった数年で幕末の世を駆け抜けて散っていった新選組という集団がどのような存在だったのか、を客観的に見ながら動乱の時代に思いを馳せるには最高の史料ではないだろうか。
 特に面白かったのは、戊辰戦争前後の話。近藤勇が斬首された後の歴史にはあまり詳しくなかったので、今回の蝦夷共和国政府の話やその海上戦のエピソードはかなり勉強になった。思えば開陽丸の喪失が蝦夷共和国の敗退を決定づけていたんだなぁ…。そうしてそんな中、最後まで朝廷に抵抗する蝦夷共和国の一員として戦った土方は本当に格好良かったなぁ…。いや、よーく考えれば世の流れに順応できなかった不器用者だったのかもしれないけれど。一つの信念を周りに流される事なく貫いたその精神、今の日本人が忘れている武士道、そんなものをひしひしと感じたよ。やっぱり日本史は幕末が一番面白い!これから新選組を知りたい人、既に知ってるけど最新の解釈を知りたい人にはお勧めのシリーズ。来年の大河ドラマを見る前に読んでおこうね。
新選組全史 幕末・京都編 新選組全史 幕末・京都編
中村 彰彦 (2001/07)
角川書店
この商品の詳細を見る

新選組全史―戊辰・箱館編 新選組全史―戊辰・箱館編
中村 彰彦 (2001/07)
角川書店
この商品の詳細を見る

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

新選組物語/子母澤寛
子母澤寛の新撰組三部作は『新撰組始末記』『新撰組遺聞』『新撰組物語』である。この本をS編集長から借りた時「順番に読めよ!」と言われたにも関わらず、完結編の本書から読み始めてしまった…。だって題名が似てるんだもん…。三部作を借りる前に『新撰組全史』(中村彰彦/角川文庫)を途中まで読んでいたので良かったが、そうじゃなかったら大層難解だった事だろう。本書は新撰組が歩んできた歴史を知っている人が読む物語だ。三部作は必ず最初から読もう!(当たり前だが)
 この三部作は昭和四年から六年の間に出版された歴史書で、『新撰組全史』でもよく引用されている。時代的に、近藤勇の養子である近藤勇五郎翁から直接話を聞いているところがすごい。彰義隊として参戦し、五稜郭で戦った祖父を持つ筆者は、新聞記者として働く傍ら独自に取材を重ねて三部作を出版したものらしい。明治元年は1868年、この本が出版された1930年前後からすれば、そんなに大昔の話でもなかったのだなぁ。
 本書は歴史書というよりは、当時の様子を知る人たちから聞いた隊士のエピソードを紹介するサブストーリー集である。『壬生義士伝』の主人公・吉村貫一郎のエピソードもちょっぴり紹介されている。しかし近藤勇五郎と直接話をしているせいもあり、近藤勇のエピソードが多い。私としては土方歳三をもっと知りたいと思っているのだが…。それは他の作品に期待しよう。
 新撰組隊長としての近藤勇の評価は高いが、彼が流山で捕らえられた時のエピソードを綴った「流山の朝」で彼は「土方の方が人間が数段上だ」と言っている。うーむ、ますます興味がわくなぁ土方歳三。来年の大河ドラマ『新撰組!』では山本耕史(誰?)が土方を演じるらしい。ドラマの主なキャストは以下の通り、いやぁ魅力的です。1月までに新撰組関連の本を読破し、大河ドラマにハマる1年にしたいなぁ。しかし大好きな佐藤浩市が芹沢役とは…。早々に死んじゃうのかな?残念!
近藤勇/香取慎吾、土方歳三/山本耕史、沖田総司/藤原竜也、永倉新八/山口智充、斎藤一/オダギリジョー、藤堂平助/中村勘太郎、原田左之助/山本太郎、井上源三郎/小林隆、島田魁/照英、武田観柳斎/八嶋智人、山南敬助/堺雅人、芹沢鴨/佐藤浩市、河合耆三郎/大倉孝二、坂本竜馬/江口洋介

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。